« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月22日 (水)

今後の為替相場見通し!円が対ドル下落、過去2カ月で最長の連続安-ユーロ上昇!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(2月22日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では円が対ドルで4日続落。
過去約2カ月で最長の連続安となった。
投資家が円を売って高利回り通貨を購入しているのが背景。
ユーロは大半の主要通貨に対して上昇。
ギリシャが第2次救済を獲得し、同国財務相が今週中に債務交換を正式提案すると述べたのが手掛かり。
米国株の上昇を受けてドルの上昇が抑えられた。
日本銀行が先週、資産買い入れ等基金の規模拡大を決定して以来、円は主要通貨すべてに対して下落基調となっている。

モーニングサテライト為替情報です。

三菱東京UFJ銀行 内田稔さん
ドル円予想レンジ:78.50-79.90円
注目ポイント:試されるドル円の経験則(アノマリー)

☆海外市場☆
ユーロは、対ドル相場で結局1.33台に到達することができなかった。
ヨーロッパの株価も若干下がっているので、ギリシャ支援に関しては、材料出尽くし感すら出ている。

☆今日の東京市場☆
足元では円安材料ほぼ織り込み済みと思われ、新しいドル買い、円売りの材料がなければ、なかなか80円台の回復は難しいとみている。
クロス円でも大きく円が下落しているので、目先は調整が入りやすいのでは。

☆注目ポイント☆
今回の円安は日銀の金融緩和がきっかけとされているが、特に金融緩和は新しい材料ではなく、やはり重要なのは円安の反応を示した市場のセンチメントだと思う。
今回は貿易収支の悪化や対外直接投資の活発化ということで、円の需給もかなり変化しているので、こういったことも伴って、大きく円安に進んだと思う。
例年だと、2月上旬、中旬からの1ヶ月は、最も円買いが出やすい時期なので、本来であれば、目先に関しては過熱感も出ているので、78円台までの調整もあり得るとみている。
79円を割った場合、絶好の買い場とみなされるので、あまり深い押し目も期待できないとみている。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

今後の為替相場見通し!ドル高円安局面一服か?

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(2月21日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
欧州各国は第2次ギリシャ救済へと向かっている。
1300億ユーロ(約13兆7000億円)はユーロ圏を揺るがすデフォルト(債務不履行)に比べれば安いと判断した。
財務相らは20日ブリュッセルで、新規融資の条件や中央銀行の役割を最終的に詰めるとともに、民間投資家による債務交換の開始も目指している。
交換に債券保有者が参加するか、既に2年に及ぶ緊縮財政の継続にギリシャが耐えられるか、欧州北部諸国の議会承認を無事得られるかが、その後の救済成功の鍵を握る。

モーニングサテライト為替情報です。

シティバンク銀行 尾河眞樹さん
ドル円予想レンジ:79.00-79.90円
注目ポイント:日米2年債利回り

☆ドル高円安の動き☆
やはり日銀による金融緩和の強化が、市場心理に与えた影響が大きかった。
直近のシカゴIMMにおける投機筋の円ポジションをみてみると、ネットの円ロングが急激に減っている。
これは、先週火曜日引け時点の数字なので、日銀の発表を見て、海外の投機筋がそれまでの円買いを巻き戻した可能性が高い。

☆注目ポイント☆
日銀に加えて、円安ドル高要因としては、米国経済指標の改善傾向がある。
日米2年債利回りを比較すると、日銀の発表後に日本の2年債利回りが低下した一方、米国は経済指標の好転が続いたことから、0.3%手前まで上昇している。
ただ、米国の2年債利回りは、過去半年間0.3%付近が上限となっており、そろそろ頭打ちになってくる可能性が高い。
投機筋の円売りが一巡している可能性が高いことや、米国金利上昇も一服しそうなことを考慮すれば、ドル円は今回の上昇局面については、そろそろ終わりに近いかなとみている。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

今後の為替相場見通し!ドルが上昇、米雇用者増で追加緩和観測が後退!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(2月6日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ドルが上昇。
対円では戦後最安値付近から戻した。
米雇用統計で雇用者数の増加幅が市場予想を上回ったことから、連邦公開市場委員会(FOMC)が経済成長押し上げに向けた新たな資産購入に踏み切るとの観測が後退した。
円は下落。
日本政府・当局による円売り介入への観測が弱まった。
対ドルでは戦後最高値にあと1円未満の水準で推移していた。
FOMCが実施した過去2回の量的緩和プログラムでは、低金利の米資産が敬遠される中で高利回り資産が上昇した。
この日はまた、株式・商品相場の上昇を手掛かりに南アフリカ・ランドやメキシコ・ペソなど高利回り通貨が買い進まれた。

モーニングサテライト為替情報です。

クレディ・アグリコル銀行 斎藤裕司さん
ドル円予想レンジ:76.10-77.00円
注目ポイント:米国雇用統計の評価

☆注目ポイント☆
米国雇用統計が5ヶ月連続で改善しており、市場に雇用環境が順調な回復を強く印象付けた。
前日のFOMCの声明文は、非常に緩和的な印象を市場に与えて、ドルは下落したが、FOMCメンバーの利上げ予測を細かく見ると、17人中11人が、2014年後半までの利上げを予測している。
つまり、メンバーの予測は、声明文より緩和的でなかったといえる。
今回の雇用統計を受けて、利上げ時期の予想が、が更に前倒しされる可能性もあるので、今後ドル円相場は金利面からはサポートされることになるだろう。

☆円高☆
欧州債務問題からユーロ円の下落リスクはあり、3月末に向けてリパトリによる円買いが出やすい時期でもあるので、ドル円の上値はこれからも重いと考えている。
政府の介入スタンスは変わらないとみている。
円が史上最高値を更新すれば、単独介入があるとみている。
その場合でも、欧米への配慮から200日移動平均線がある78円前半をターゲットとしたスムージングオペレーションにとどまると予測している。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

今後の為替相場見通し!ユーロ下落、対ドル約1週間ぶり安値-ギリシャ交渉を悲観!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(2月1日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ユーロがドルに対してほぼ1週間ぶりの安値に下落。
欧州の当局者らがギリシャ債務をめぐる問題で合意できないとの懸念が広がった。
カナダ・ドルは米ドルに対して3カ月ぶり高値から下落。
カナダの昨年10-12月(第4四半期)の国内総生産(GDP)が予想外に減少したことが嫌気された。
ドルと円は一時の下げを縮める展開。
米国の消費者信頼感指数とシカゴ地区の製造業景況指数の低下を受けて、株価が下落したことが手掛かり。
ユーロは主要通貨の大半に対して値下がり。
米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がポルトガルの銀行に対する「クレジットウォッチ・ネガティブ」指定を増やしたことが材料。

モーニングサテライト為替情報です。

三菱東京UFJ銀行 内田稔さん
ドル円予想レンジ:76.10-76.80円
注目ポイント:ドル安シナリオの落とし穴

☆今日の東京市場☆
先週の米国FOMCの緩和姿勢と月末の日本輸出企業からの円買いが加わり、ドル円には下押し圧力が加わった。
特に先週は日本の貿易収支の材料から、ドル円が78円台まであがったが、こういった調整もドル安円高圧力になった。
こういった圧力は今日は和らぎ、76円割れは回避され、多少の反発を予想している。

☆注目ポイント☆
先週のFOMCでは、米国の低金利政策が更に長期化する見通しとなっており、ドルの先安感が台頭している。
ただ、ユーロドルの反発もそろそろ一巡するとみており、これが相対的にドルを支えてくるとみている。
昨年の8月と比べると、今回は米国債利回りの低下幅が限定的になっている。
このため、ドルが下がりにくくなったり、多少ドルが反発してくる動きも十分あり、ドル安シナリオだけではないという見方をしている。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »