« 今後の為替相場見通し!ユーロ反発、欧州で落札利回りが低下-ドイツ景況感が改善! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ヨーロッパ新財政協定とFOMCに注目! »

2012年1月19日 (木)

今後の為替相場見通し!ユーロ続伸、IMF資金増強計画やギリシャ協議再開で!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月19日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場でユーロはドルと円に対して続伸。
国際通貨基金(IMF)が融資能力の増強へ最大5000億ドルの調達を目指すと発表したことが好感された。
ギリシャ政府が民間債権者との協議を再開したこともあり、ユーロはほとんどの主要通貨に対して上昇した。
ドルは対ユーロで下落。
米鉱工業生産が回復し、ドルへの逃避需要が後退した。
リスク許容度の高まりを背景にブラジル・レアルが上昇。
英失業率の上昇を嫌気し、ポンドは対ユーロで下落した。

モーニングサテライト為替情報です。

SMBC日興証券 野地慎さん
ドル円予想レンジ:76.40-77.20円
注目ポイント:ECBによる政策の効果

☆今日の東京市場☆
今晩も米国で物価などの重要指標が発表される予定なので、それを見極めたいとの思惑から、東京市場は狭いレンジでの取引となるとみている。

☆注目ポイント☆
17日発表されたドイツの景気期待指数は、統計開始以来、最大の改善幅を記録し、またそれに合わせてユーロが上昇している。
ドイツにおける景況の改善には、二つの背景がある。
一つはスペイン、イタリアの長期国債利回りの低下。
昨年末にECBが3年ものの資金供給オペを実施し、オペに応札した銀行がスペインなどの中短期国債を購入したものとみられ、利回りの低下を促した。
それが徐々に長期債にも波及している格好だ。
もう一つは、ユーロ安そのものがドイツなどユーロ圏中核国の輸出を増加させるとの期待。
ユーロの実行レートが下落に転じると、それに連動してドイツの輸出が増加するような関係がみられており、ドイツの輸出増加によって、ユーロ圏経済の底割れが回避されるとの思惑が高まりつつある。
このようにECBの政策効果が浸透しつつあることから、ユーロは買われやすく、ドルが売られやすい展開が当面続きそう。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

|

« 今後の為替相場見通し!ユーロ反発、欧州で落札利回りが低下-ドイツ景況感が改善! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ヨーロッパ新財政協定とFOMCに注目! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125707/43797603

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の為替相場見通し!ユーロ続伸、IMF資金増強計画やギリシャ協議再開で!:

« 今後の為替相場見通し!ユーロ反発、欧州で落札利回りが低下-ドイツ景況感が改善! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ヨーロッパ新財政協定とFOMCに注目! »