« 今後の為替相場見通し!ドルと円が下落、欧州の債務危機対応で前進の兆し! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロ上昇、ECB総裁発言を好感-スペイン入札も追い風! »

2012年1月12日 (木)

今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで1年4カ月ぶり安値-仏格下げ観測で!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月12日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ユーロが対ドルで1年4カ月ぶり安値を付けたほか、円に対しても3日ぶりに下落した。
フランスが格下げされるとの観測や、欧州のソブリン債危機が悪化するとの懸念が背景。
フランスのバロワン財務相は、最上級格付けを持つ同国が格付け会社から格下げに関する通知を受けた事実はないとして、市場の観測を否定。
この否定後もユーロは主要16通貨の大半に対して値下がりした。
さらに、欧州議会の一部議員が、計画されているドイツ主導での財政協定に反対の意を示したことを手掛かりに、ユーロは下げを拡大した。
ドルは逃避需要から主要通貨の大半に対して値上がりした。

モーニングサテライト為替情報です。

JPモルガン・チェース銀行 佐々木融さん
ドル円予想レンジ:76.50-77.10円
注目ポイント:米国ガイトナー財務長官来日

☆注目ポイント☆
ガイトナー財務長官が今日来日し、野田首相、安住財務大臣と会談を行う予定。
米国財務省は先月公表した半期為替報告で、昨年日本が行った単独為替介入で賛成していないと、明確に批判を行っている。
全体的なトーンも、むしろ中国に対する批判よりも強いくらいだった。
今日午前中に安住財務大臣と会談した後に、記者会見が予定されているので、そこで日本の介入、ドル円相場について、どのようなコメントをするかに注目される。
日本の介入に対して批判的なトーンが強くなると、ドルの上値が重くなると思う。
ドル円の1ヶ月ボラティリティをみてみると、相場が膠着状態にあるので、ボラティリティは2007年以来の水準まで低下している。
これまでも、ボラティリティが直近の最低レベルを下回ると、しばらくしてドル円が大きく下落するという経験則があるので、安定している場合、注意が必要。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

|

« 今後の為替相場見通し!ドルと円が下落、欧州の債務危機対応で前進の兆し! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロ上昇、ECB総裁発言を好感-スペイン入札も追い風! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125707/43714394

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで1年4カ月ぶり安値-仏格下げ観測で!:

« 今後の為替相場見通し!ドルと円が下落、欧州の債務危機対応で前進の兆し! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロ上昇、ECB総裁発言を好感-スペイン入札も追い風! »