« 今後の為替相場見通し!ユーロが下落、債務危機懸念が再燃-欧州銀行の増資を警戒! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで上昇-独仏首脳が危機対応を協議! »

2012年1月 6日 (金)

今後の為替相場見通し!ユーロ対円で11年ぶり安値!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月6日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

モーニングサテライト為替情報です。

住友信託銀行NY 藤田善嗣さん
ドル円予想レンジ:76.70-77.50円
注目ポイント:米国雇用統計

☆海外市場☆
米国ADP雇用統計が非常に強い内容となったことから、本日の雇用統計の期待が高まり、ドルが上昇し、ドル円は77円台を回復している。
またユーロについては、イタリアの10年国債利回りが再び7%を超えてくるなど、欧州債務危機への警戒感は根強く、ユーロは本日の主要通貨の中で、最も弱い通貨となっている。

☆今日の東京市場☆
イタリア10年国債利回りが7%を超えているうちは、市場参加者が欧州債務問題を非常に懸念している状態といえるので、ユーロが売られやすい状況が続くと思っている。
ドル円に関しては、足元はドル高円安の展開となっているが、77円台半ばからは、徐々に頭が重たくなってくると思っている。

☆注目ポイント☆
欧州債務問題が深刻化する一方で、ここ数ヶ月に発表された米国経済指標は、かなり好調な内容となっており、米国とその他地域、特に対欧州との景況感格差が足元の為替相場に反映されるような展開となっている。
そういう意味では、本日の雇用統計でも内容がそれほど悪くなければ、現在のトレンドが継続する可能性が高く、特に対ユーロでドル上昇につながる可能性があるとみている。
こういった欧米の景況感格差に基づく、ドル高ユーロ安の流れはもう少し続く可能性が高いと思っているので、引き続きユーロドル相場に注目している。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

eBay Sniper

|

« 今後の為替相場見通し!ユーロが下落、債務危機懸念が再燃-欧州銀行の増資を警戒! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで上昇-独仏首脳が危機対応を協議! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125707/43639606

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の為替相場見通し!ユーロ対円で11年ぶり安値!:

« 今後の為替相場見通し!ユーロが下落、債務危機懸念が再燃-欧州銀行の増資を警戒! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで上昇-独仏首脳が危機対応を協議! »