« 今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで3週ぶり高値、ギリシャ交渉の合意期待! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロ下落、対ドル約1週間ぶり安値-ギリシャ交渉を悲観! »

2012年1月26日 (木)

今後の為替相場見通し!ドル下落、対ユーロ1カ月ぶり安値-超低金利期間の延長で!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月26日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで1カ月ぶり安値に下落した。
米連邦公開市場委員会(FOMC)が「非常に緩和的な」金融政策を継続するとして、2014年遅くまでフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0-0.25%に据え置く意向を示唆したことに反応した。
FOMCはこれまで、政策金利目標を2013年半ばまで据え置く意向を示唆していた。
米連邦準備制度理事会(FRB)は、FOMCメンバーのFF金利誘導目標に関する予測を25日に初めて公表するほか、バーナンキFRB議長が会見に臨む。
ユーロはこの日の朝方、主要取引通貨の大半に対して下落。
ECBが保有ギリシャ国債の減免受け入れに反対していると伝えられたことが材料。
オーストラリア・ドルは主要取引通貨中で最も上昇率が大きい。

モーニングサテライト為替情報です。

JPモルガン・チェース銀行 佐々木融さん
ドル円予想レンジ:77.00-78.20円
注目ポイント:米国金利動向

☆ドルの本格上昇は難しい☆
日米3ヶ月もの金利差とドル円相場を比較してみると、日米の金利差が1.5%以下の時に、ドル円相場がしっかりとした上昇トレンドを辿ったことは一度もない。
つまり、世界最大の経常赤字国で、対外純債務国の通貨であるドルは、その間逆にいる日本の円に対して、1.5%以上のリスクプレミアムがないと釣り合わないということになる。
現在その差が、0.3~0.4%程度で、昨日のFOMCを受けて縮小する可能性もあるので、なおさらドル円がしっかりとした上昇トレンドを辿るのは難しくなった。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

|

« 今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで3週ぶり高値、ギリシャ交渉の合意期待! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロ下落、対ドル約1週間ぶり安値-ギリシャ交渉を悲観! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125707/43875661

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の為替相場見通し!ドル下落、対ユーロ1カ月ぶり安値-超低金利期間の延長で!:

« 今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで3週ぶり高値、ギリシャ交渉の合意期待! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロ下落、対ドル約1週間ぶり安値-ギリシャ交渉を悲観! »