« 今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで上昇-独仏首脳が危機対応を協議! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで1年4カ月ぶり安値-仏格下げ観測で! »

2012年1月11日 (水)

今後の為替相場見通し!ドルと円が下落、欧州の債務危機対応で前進の兆し!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月11日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ドルと円が高利回り通貨に対して下落。
欧州首脳による債務危機終結に向けた取り組みが前進の兆しを見せる中、ドイツのメルケル首相はこの日、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事と会談する。
米ドルはブラジル・レアルとニュージーランド(NZ)ドルに対して最も値下がり。
中国人民銀行が経済成長押し上げを狙い行動を起こすとの観測で株式・商品相場が上昇したことが手掛かり。
先進国通貨のインプライドボラティリティ(IV、予想変動率)は半年ぶり低水準に低下した。
ユーロは対ドルで上昇。
ユーロの下落を見込んだ取引が縮小したとの観測が背景にある。

モーニングサテライト為替情報です。

中央三井信託銀行 川辺元さん
ドル円予想レンジ:76.30-77.30円
注目ポイント:欧州事情

☆今日の東京市場☆
ヨーロッパの情勢に注目が集まっており、今日の東京時間のドル円は、狭いレンジ内にとどまりそう。
動くとすれば、ユーロ円の影響を受ける場合だろう。

☆注目ポイント☆
為替市場は、先週半ばくらいから、ユーロのみが売られるという独歩安の流れが鮮明となっている。
今は少し収まっているが、欧州景気減速懸念や金融機関の増資実施の懸念など、市場では依然としてユーロの下落リスクが強く意識されている。
週後半となる明日からは、ECBの定例政策理事会、総裁の記者会見、スペインやイタリアの国債入札など、大きなイベントが控えている。
今日は市場では様子見となる可能性が高いが、他にもいろいろと懸念が山積となっている中、ヨーロッパの金融機関株やドイツ以外の周辺国の国債が軟調になれば、またすぐに市場はユーロ売りのムードになるとみている。
今月中くらいまでは、ユーロ安に注意が必要。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

|

« 今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで上昇-独仏首脳が危機対応を協議! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで1年4カ月ぶり安値-仏格下げ観測で! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125707/43700135

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の為替相場見通し!ドルと円が下落、欧州の債務危機対応で前進の兆し!:

« 今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで上昇-独仏首脳が危機対応を協議! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで1年4カ月ぶり安値-仏格下げ観測で! »