« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月26日 (木)

今後の為替相場見通し!ドル下落、対ユーロ1カ月ぶり安値-超低金利期間の延長で!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月26日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで1カ月ぶり安値に下落した。
米連邦公開市場委員会(FOMC)が「非常に緩和的な」金融政策を継続するとして、2014年遅くまでフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0-0.25%に据え置く意向を示唆したことに反応した。
FOMCはこれまで、政策金利目標を2013年半ばまで据え置く意向を示唆していた。
米連邦準備制度理事会(FRB)は、FOMCメンバーのFF金利誘導目標に関する予測を25日に初めて公表するほか、バーナンキFRB議長が会見に臨む。
ユーロはこの日の朝方、主要取引通貨の大半に対して下落。
ECBが保有ギリシャ国債の減免受け入れに反対していると伝えられたことが材料。
オーストラリア・ドルは主要取引通貨中で最も上昇率が大きい。

モーニングサテライト為替情報です。

JPモルガン・チェース銀行 佐々木融さん
ドル円予想レンジ:77.00-78.20円
注目ポイント:米国金利動向

☆ドルの本格上昇は難しい☆
日米3ヶ月もの金利差とドル円相場を比較してみると、日米の金利差が1.5%以下の時に、ドル円相場がしっかりとした上昇トレンドを辿ったことは一度もない。
つまり、世界最大の経常赤字国で、対外純債務国の通貨であるドルは、その間逆にいる日本の円に対して、1.5%以上のリスクプレミアムがないと釣り合わないということになる。
現在その差が、0.3~0.4%程度で、昨日のFOMCを受けて縮小する可能性もあるので、なおさらドル円がしっかりとした上昇トレンドを辿るのは難しくなった。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで3週ぶり高値、ギリシャ交渉の合意期待!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月24日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ユーロがドルに対してほぼ3週間ぶりの高値に上昇した。
フランスのバロワン財務相がギリシャと民間債権者の交渉に実質的な進展がみられると発言したことが手掛かり。
ユーロは主要16通貨中、13通貨に対して値上がりした。
欧州連合(EU)各国の財務相らはブリュッセルで、ギリシャの債務交換や財政ルール、重債務国を保護するための金融システムのファイアーウォール(防火壁)について協議する。

モーニングサテライト為替情報です。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマン 伊庭剛さん
ドル円予想レンジ:76.60-77.40円
注目ポイント:FOMC

☆年明け相場☆
先々週末に欧州各国の国債が一斉に格下げされたニュースで、短期的なユーロ売りのミニクライマックスを迎えたかたという印象。
債権相場や株式市場同様に、為替市場でも突っ込みすぎの調整の時間帯に入っている。
ただし、欧州財政問題の次の山場は、ギリシャの国債の大量償還が予定されている3月。
それまでは、ことあるごとに、ユーロが売られる展開が本線である見方は継続している。

☆注目ポイント☆
注目はFOMC、今回から金利見通しが発表される予定だが、低インフレを背景に現在の緩和姿勢の長期化が改めて示唆されれば、これが株高や商品相場の上昇、資源国通貨や新興国通貨の本格的な上昇につながる可能性が高く、さらにリスク選考的な流れに乗って、円高の修正局面にまで広がる可能性があるかもしれない。
ドル円については、2007年の高値から伸びる長期の上値抵抗線を上抜けできるかどうか、場合によっては、年単位でのトレンド変化のきっかけとなる可能性に注目している。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

今後の為替相場見通し!ヨーロッパ新財政協定とFOMCに注目!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月23日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではユーロがドルに対して2週間ぶり高値から下落。
欧州株の値下がりや、ギリシャの債務交換協議が長引いていることが背景にある。
比較的安全とされるドルは買われ、ドルは主要通貨の大半に対して値上がりした。
ユーロは週間ベースでは7週ぶりの上昇。
前日のスペインやフランスの国債入札で落札利回りが低下したことなどが、ユーロの買いにつながった。
カナダ・ドルは米ドルに対して下落。
カナダのインフレ率はエコノミストの予想以上に低下、利上げ期待が後退した。

モーニングサテライト為替情報です。

クレディ・アグリコル銀行 斎藤裕司さん
ドル円予想レンジ:76.60-77.40円
注目ポイント:ヨーロッパ新財政協定

☆注目ポイント☆
本日はユーロ圏財務相会合、明日はEU財務相理事会が行われる。
これらの会議で、欧州新財政協定についての合意がなされることが期待されている。
この協定は財政赤字と債務に関する規定に違反した加盟国に対する欧州委員会の権限を強化した協定。
これにより、欧州への市場の信頼回復を目指している訳だが、今月末のEU首脳会議での承認を得るためには、今回の会議での合意を目指す必要がある。
合意があるか、もしくは合意が近いところまで話し合うことができれば、ユーロに対する懸念が後退することが、期待されている。

☆FOMC☆
今週は今年初めてFOMCがあり、対策の変更は予想されていないが、今回からFF金利の動向に対する当局者の見通しが公表されることになっている。
欧州債務問題が依然として不透明な中、利上げ見通しが前倒しされることはないと思われるので、少なくともドル買い材料になることはないとみている。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

今後の為替相場見通し!ユーロ続伸、IMF資金増強計画やギリシャ協議再開で!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月19日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場でユーロはドルと円に対して続伸。
国際通貨基金(IMF)が融資能力の増強へ最大5000億ドルの調達を目指すと発表したことが好感された。
ギリシャ政府が民間債権者との協議を再開したこともあり、ユーロはほとんどの主要通貨に対して上昇した。
ドルは対ユーロで下落。
米鉱工業生産が回復し、ドルへの逃避需要が後退した。
リスク許容度の高まりを背景にブラジル・レアルが上昇。
英失業率の上昇を嫌気し、ポンドは対ユーロで下落した。

モーニングサテライト為替情報です。

SMBC日興証券 野地慎さん
ドル円予想レンジ:76.40-77.20円
注目ポイント:ECBによる政策の効果

☆今日の東京市場☆
今晩も米国で物価などの重要指標が発表される予定なので、それを見極めたいとの思惑から、東京市場は狭いレンジでの取引となるとみている。

☆注目ポイント☆
17日発表されたドイツの景気期待指数は、統計開始以来、最大の改善幅を記録し、またそれに合わせてユーロが上昇している。
ドイツにおける景況の改善には、二つの背景がある。
一つはスペイン、イタリアの長期国債利回りの低下。
昨年末にECBが3年ものの資金供給オペを実施し、オペに応札した銀行がスペインなどの中短期国債を購入したものとみられ、利回りの低下を促した。
それが徐々に長期債にも波及している格好だ。
もう一つは、ユーロ安そのものがドイツなどユーロ圏中核国の輸出を増加させるとの期待。
ユーロの実行レートが下落に転じると、それに連動してドイツの輸出が増加するような関係がみられており、ドイツの輸出増加によって、ユーロ圏経済の底割れが回避されるとの思惑が高まりつつある。
このようにECBの政策効果が浸透しつつあることから、ユーロは買われやすく、ドルが売られやすい展開が当面続きそう。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

今後の為替相場見通し!ユーロ反発、欧州で落札利回りが低下-ドイツ景況感が改善!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月18日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場でユーロはドルと円に対して3日ぶりに上昇。
スペインとギリシャの証券入札で借り入れコストが低下したため、ユーロ圏の高債務国が資金調達難に陥るとの懸念が後退し、ユーロに買いが入った。
豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは主要通貨のほとんどに対して上昇した。
中国の経済成長率が予想よりも高かったことが背景にある。
ドイツの1月の景況感指数が過去最大の改善を示したため、ユーロは対円で11年ぶり安値から戻した。
格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がフランスとオーストリアに加え、前日に欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の格付けを引き下げたものの、EFSFがこの日の入札で目標を上回る証券を発行したこともユーロの買い材料。
ニューヨーク連銀製造業景況指数は上昇した。

モーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券 塩入稔さん
ドル円予想レンジ:76.60-77.10円
注目ポイント:ユーロの自立反発か

☆注目ポイント☆
先週末の米国格付け機関による欧州各国の格下げ、EFSFによる発行債権の格下げは、折り込み済みではないかとの見方があったが、確かに欧州の株式市場、債権市場ともに堅調な推移となっている。
シカゴ商品取引所のIMM投機筋ポジションをみてみると、現在のユーロの売り持ちは過去最高水準を記録している。
欧州信用問題が収束すると考えている訳ではないが、1~2週間程度の短期期間でみた場合には、前日の格下げの欧州国債市場の底堅い動きとあわせると、持ち高調整のユーロ買戻しもそろそろ起きるタイミングではないかとみている。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

今後の為替相場見通し!ユーロ続落、S&P格下げ響く-ギリシャ債務交渉は再開へ!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月17日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
16日の外国為替市場でユーロは続落。
米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が13日にフランスなどユーロ圏の9カ国を格下げしたことが響き、対円で11年ぶり安値を付けた。
欧州危機が悪化するとの観測が安全資産への逃避につながり、円は主要16通貨中13貨に対して上昇。
S&Pはこの日、ユーロ圏の救済基金である欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の格付けを「AAA」から引き下げた。
ギリシャの債務交換をめぐる投資家との協議は減免の幅などで合意できず先週中断され、18日に再開される見込み。

モーニングサテライト為替情報です。

新生銀行 政井貴子さん
ドル円予想レンジ:76.30-77.10
注目ポイント:中国経済指標

☆注目ポイント☆
株も若干プラスに終わっている中で、今日は中国の指標が東京時間に出る。
その中で、いくつか指標が減速する予想になっている。
その予想より良いものが出れば、株がおそらく好感すると思われる。
どの通貨に一番影響があるかといえば、豪ドルに影響がある。
もし指標がよければ、東京時間に円安豪ドル高の方向に動くのでは。
株が好感すれば、リスクオンの相場のような展開となり、ドル円はやや円高ぎみという予想をしている。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

今後の為替相場見通し!ユーロが対ドル1年4カ月ぶり安値!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月16日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではユーロが主要通貨の大半に対して下落し、対ドルでは1年4カ月ぶり安値を付けた。
米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がフランスに付与していた最高格付けを引き下げたことが手掛かり。
ユーロは対ドルで週間ベースでは6週連続安と、ほぼ2年ぶりの長期下落局面。
S&Pはフランスの格付けを1段階引き下げて「AA+」、アウトルックを「ネガティブ」に指定したとウェブサイトで発表。
ユーロは対円では2000年以来の安値に下落した。
ギリシャと民間債権者との協議が休止となったこともユーロの弱材料となった。
ドル指数は上昇。
JPモルガン・チェースの減益決算を受けて米国株が値下がりしたことが手掛かり。

モーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJ信託銀行 八幡高雄さん
ドル円予想レンジ:76.60-77.60円
注目ポイント:ギリシャ債務の民間負担協議

☆海外市場☆
欧州各国の格下げの可能性は、昨年末に指摘されていたので、市場参加者に違和感はないと思う。
ただし、フランスのAA+への格下げは、昨年10月のEU首脳会議で方向性を決定した欧州金融安定化基金の資金調達機能強化などに影響を与える。
欧州各国は、3月に約2,400ユーロの借り換えを予定しており、特に高債務国の資金調達環境が悪化したことを認識しておくべき。

☆今日の為替市場☆
本日はキング牧師の生誕記念日で、米国市場が休日となる。
引き続きユーロの上値は重いと思われるが、参加者が限られる中、ポジション調整による短期的なユーロ反発の可能性もあり、方向感の定まらない相場展開になると思われる。

☆注目ポイント☆
先週末国債金融協会がギリシャ債務の民間負担に係る協議を一時中断すると発表した。
債務減免後債権の金利条件で合意がなされていない。
18日も協議再開との一部報道もあるが、23、24日の財務相会議、30日のEU首脳会議におけるギリシャ向け第7弾融資協議をはじめ、今後のギリシャ債務支援策に影響を与えるため、進展には注目したい。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

今後の為替相場見通し!ユーロ上昇、ECB総裁発言を好感-スペイン入札も追い風!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月13日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではユーロがドルに対し1週間ぶり高値に上昇。
欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が、同中銀は深刻な信用逼迫を阻止したと発言したことが手掛かり。
またスペインが実施した国債入札で発行額が目標上限のほぼ2倍となったことも材料視された。
スイス・フランは主要16通貨すべてに対して値上がり。
スイス国立銀行(SNB、中央銀行)がフラン上昇阻止に向けた姿勢を軟化させるとの見方が背景にある。
カナダ・ドルは一時の上げを消す展開。
米小売売上高の伸びが市場予想を下回ったことを受けた。
一方でブラジル・レアルは約1カ月ぶり高値。
同国の小売売上高の伸びが市場予想を上回ったことが背景。

モーニングサテライト為替情報です。

三井住友銀行NY 呉田真二さん
ドル円予想レンジ:76.40-77.00円
注目ポイント:ドル金利動向

☆ドル円の動き☆
ボラティリティが低下する中、狭いレンジで小動きが続いているドル円は、ドルが全般的に弱含む流れになってきたので、上値目途は77円近辺とみており、ここからは徐々に下値を模索する展開を予想している。

☆注目ポイント☆
昨年末一時期、ドル調達圧力の強さから、ドルの短期金利が高止まりし、それが為替市場においても、ドル高圧力となっていた面も強かった。
年明け以降は急速に金利低下基調となっている。
短期のみならず、10年債利回りも2%を割り込む水準が定着しつつあるので、金利面から見た場合、ドル高を展望しずらい環境にあると思う。
相対的に堅調だった米国景気もこのところかげりがみえ、追加緩和への思惑もくすぶり続く展開もみられるので、ドル円については今後下落基調が続くのではないかとみている。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今後の為替相場見通し!ユーロ上昇、ECB総裁発言を好感-スペイン入札も追い風!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月13日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではユーロがドルに対し1週間ぶり高値に上昇。
欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が、同中銀は深刻な信用逼迫を阻止したと発言したことが手掛かり。
またスペインが実施した国債入札で発行額が目標上限のほぼ2倍となったことも材料視された。
スイス・フランは主要16通貨すべてに対して値上がり。
スイス国立銀行(SNB、中央銀行)がフラン上昇阻止に向けた姿勢を軟化させるとの見方が背景にある。
カナダ・ドルは一時の上げを消す展開。
米小売売上高の伸びが市場予想を下回ったことを受けた。
一方でブラジル・レアルは約1カ月ぶり高値。
同国の小売売上高の伸びが市場予想を上回ったことが背景。

モーニングサテライト為替情報です。

三井住友銀行NY 呉田真二さん
ドル円予想レンジ:76.40-77.00円
注目ポイント:ドル金利動向

☆ドル円の動き☆
ボラティリティが低下する中、狭いレンジで小動きが続いているドル円は、ドルが全般的に弱含む流れになってきたので、上値目途は77円近辺とみており、ここからは徐々に下値を模索する展開を予想している。

☆注目ポイント☆
昨年末一時期、ドル調達圧力の強さから、ドルの短期金利が高止まりし、それが為替市場においても、ドル高圧力となっていた面も強かった。
年明け以降は急速に金利低下基調となっている。
短期のみならず、10年債利回りも2%を割り込む水準が定着しつつあるので、金利面から見た場合、ドル高を展望しずらい環境にあると思う。
相対的に堅調だった米国景気もこのところかげりがみえ、追加緩和への思惑もくすぶり続く展開もみられるので、ドル円については今後下落基調が続くのではないかとみている。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで1年4カ月ぶり安値-仏格下げ観測で!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月12日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ユーロが対ドルで1年4カ月ぶり安値を付けたほか、円に対しても3日ぶりに下落した。
フランスが格下げされるとの観測や、欧州のソブリン債危機が悪化するとの懸念が背景。
フランスのバロワン財務相は、最上級格付けを持つ同国が格付け会社から格下げに関する通知を受けた事実はないとして、市場の観測を否定。
この否定後もユーロは主要16通貨の大半に対して値下がりした。
さらに、欧州議会の一部議員が、計画されているドイツ主導での財政協定に反対の意を示したことを手掛かりに、ユーロは下げを拡大した。
ドルは逃避需要から主要通貨の大半に対して値上がりした。

モーニングサテライト為替情報です。

JPモルガン・チェース銀行 佐々木融さん
ドル円予想レンジ:76.50-77.10円
注目ポイント:米国ガイトナー財務長官来日

☆注目ポイント☆
ガイトナー財務長官が今日来日し、野田首相、安住財務大臣と会談を行う予定。
米国財務省は先月公表した半期為替報告で、昨年日本が行った単独為替介入で賛成していないと、明確に批判を行っている。
全体的なトーンも、むしろ中国に対する批判よりも強いくらいだった。
今日午前中に安住財務大臣と会談した後に、記者会見が予定されているので、そこで日本の介入、ドル円相場について、どのようなコメントをするかに注目される。
日本の介入に対して批判的なトーンが強くなると、ドルの上値が重くなると思う。
ドル円の1ヶ月ボラティリティをみてみると、相場が膠着状態にあるので、ボラティリティは2007年以来の水準まで低下している。
これまでも、ボラティリティが直近の最低レベルを下回ると、しばらくしてドル円が大きく下落するという経験則があるので、安定している場合、注意が必要。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

今後の為替相場見通し!ドルと円が下落、欧州の債務危機対応で前進の兆し!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月11日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ドルと円が高利回り通貨に対して下落。
欧州首脳による債務危機終結に向けた取り組みが前進の兆しを見せる中、ドイツのメルケル首相はこの日、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事と会談する。
米ドルはブラジル・レアルとニュージーランド(NZ)ドルに対して最も値下がり。
中国人民銀行が経済成長押し上げを狙い行動を起こすとの観測で株式・商品相場が上昇したことが手掛かり。
先進国通貨のインプライドボラティリティ(IV、予想変動率)は半年ぶり低水準に低下した。
ユーロは対ドルで上昇。
ユーロの下落を見込んだ取引が縮小したとの観測が背景にある。

モーニングサテライト為替情報です。

中央三井信託銀行 川辺元さん
ドル円予想レンジ:76.30-77.30円
注目ポイント:欧州事情

☆今日の東京市場☆
ヨーロッパの情勢に注目が集まっており、今日の東京時間のドル円は、狭いレンジ内にとどまりそう。
動くとすれば、ユーロ円の影響を受ける場合だろう。

☆注目ポイント☆
為替市場は、先週半ばくらいから、ユーロのみが売られるという独歩安の流れが鮮明となっている。
今は少し収まっているが、欧州景気減速懸念や金融機関の増資実施の懸念など、市場では依然としてユーロの下落リスクが強く意識されている。
週後半となる明日からは、ECBの定例政策理事会、総裁の記者会見、スペインやイタリアの国債入札など、大きなイベントが控えている。
今日は市場では様子見となる可能性が高いが、他にもいろいろと懸念が山積となっている中、ヨーロッパの金融機関株やドイツ以外の周辺国の国債が軟調になれば、またすぐに市場はユーロ売りのムードになるとみている。
今月中くらいまでは、ユーロ安に注意が必要。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで上昇-独仏首脳が危機対応を協議!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月10日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ユーロがドルに対し1年4カ月ぶり安値から上昇。
ドイツとフランスの首脳が、ユーロ圏の新たな財政規則への署名が当初計画よりも1カ月早まる可能性に言及したことを受けた。
スイス国立銀行(SNB、中央銀行)のヒルデブランド総裁辞任で対ユーロでの上限が脅かされるとの見方から、スイス・フランは上昇。
米ドルに対してこの日最も上げているのはニュージーランド(NZ)ドルとブラジル・レアルとなっている。

モーニングサテライト為替情報です。

SMBC日興証券 野地慎さん
ドル円予想レンジ:76.50-77.20円
注目ポイント:欧州の政策対応

☆今日の東京市場☆
東京では、経済指標の発表などがないことから、76円台後半を中心とした、もみあいを予想している。

☆注目ポイント☆
昨年末以降、為替市場では、ユーロの下落が目立っているが、ECBによる金融緩和の効果という側面と、ユーロ圏債務問題への対応の遅れに対する不安という側面があると思う。
ただ、ユーロ圏のオーバーナイト金利がすでに0.3%台まで低下していることを考えると、ここ数日のユーロの下げは、債務問題への不安を反映しているように思う。
中でも動きが気になるのはイタリアで、先週にはイタリアの大手銀行が株主割当増資を発表したことをきっかけに、イタリア及び欧州の金融株が急落したが、これはEUによって、欧州銀行に自己資金比率引き上げが要請されていることを背景としている。
例えば、各国政府が銀行に公的資本を注入するなどの対応策もあるかと思うが、現時点ではEUの対応のまずさが浮き彫りとなっている。
昨日の独仏首脳会談を皮切りに、今後欧州当局による会合などが増えていく予定だが、迅速かつ適切な対応がとられないと、ユーロの更なる下落は避けられないだろう。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

今後の為替相場見通し!ユーロ対円で11年ぶり安値!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月6日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

モーニングサテライト為替情報です。

住友信託銀行NY 藤田善嗣さん
ドル円予想レンジ:76.70-77.50円
注目ポイント:米国雇用統計

☆海外市場☆
米国ADP雇用統計が非常に強い内容となったことから、本日の雇用統計の期待が高まり、ドルが上昇し、ドル円は77円台を回復している。
またユーロについては、イタリアの10年国債利回りが再び7%を超えてくるなど、欧州債務危機への警戒感は根強く、ユーロは本日の主要通貨の中で、最も弱い通貨となっている。

☆今日の東京市場☆
イタリア10年国債利回りが7%を超えているうちは、市場参加者が欧州債務問題を非常に懸念している状態といえるので、ユーロが売られやすい状況が続くと思っている。
ドル円に関しては、足元はドル高円安の展開となっているが、77円台半ばからは、徐々に頭が重たくなってくると思っている。

☆注目ポイント☆
欧州債務問題が深刻化する一方で、ここ数ヶ月に発表された米国経済指標は、かなり好調な内容となっており、米国とその他地域、特に対欧州との景況感格差が足元の為替相場に反映されるような展開となっている。
そういう意味では、本日の雇用統計でも内容がそれほど悪くなければ、現在のトレンドが継続する可能性が高く、特に対ユーロでドル上昇につながる可能性があるとみている。
こういった欧米の景況感格差に基づく、ドル高ユーロ安の流れはもう少し続く可能性が高いと思っているので、引き続きユーロドル相場に注目している。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

eBay Sniper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

今後の為替相場見通し!ユーロが下落、債務危機懸念が再燃-欧州銀行の増資を警戒!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月5日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ユーロがドルに対しほぼ1週間ぶり高値から下落。
昨年12月のユーロ圏インフレ率が前月から低下したほか、イタリアの銀行最大手ウニクレディトがさらなる増資の必要性を明らかにしたことを受け、域内の債務危機が悪化するとの懸念が強まった。
ユーロは対円で11年ぶり安値に向かっている。
ウニクレディトの株主割当増資の詳細発表を手掛かりに売られた。
欧州の銀行による一段の増資が難航するとの見方が広がった。
ユーロは主要取引通貨の大半に対して下落。
スペインのバレンシア地方が抱えるドイツ銀行に対する債務問題で、政府が支援を余儀なくされたとの同国紙パイスの報道が嫌気された。
英ポンドはユーロに対して15カ月ぶり高値に上昇した。

モーニングサテライト為替情報です。

三菱東京UFJ銀行 内田稔さん
ドル円予想レンジ:76.50-77.10円
注目ポイント:にわかリスクオンの持続性

☆海外市場☆
利下げ観測や金融機関の増資に関連して債務問題への先行き懸念が台頭したことで、ユーロが急反落している。
相対的に見れば、ドルがしっかり推移しており、ユーロ円の100円われに、ドル円も足を引っ張られたが、総じて底堅く推移した。

☆今日の東京市場☆
年初来株高ということで、ややリスクオンでスタートしている。
リスク資産とドルは逆相関になるので、ドル安が意識されるところだが、欧州の問題は何も事態が改善した訳ではないので、例えばドルのライボー金利も高止まりしており、ややドルがしっかりしてくるというとで、ドル円は77円台回復くらいの反発はあってもおかしくない。

☆注目ポイント☆
あくまでも今はにわかリスクオンの状態で、息切れしてくるのではないかとみている。
その意味では、フランス国債の入札があり、来週早々のメルケル首相、サルコジ大統領の会談や、月末にEUサミットも控えているので、自ずと注目はまたヨーロッパに向かっていくと、ちょっと息切れしてくるとみている。

****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

eBay Sniper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

今後の為替相場見通し!オーストラリアドル、ニュージーランドドル上昇!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(1月4日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ドルがユーロに対し約1カ月ぶりの大幅な下落となった。
米国と中国の統計で製造業活動の拡大が示され、安全資産としての魅力が低下した。
ドルは全ての主要取引通貨に対して下落。
米供給管理協会(ISM)が発表した昨年12月の製造業景況指数が過去6カ月で最も速いペースの伸びとなったことが手掛かり。
中国とインドで今週発表された統計でも、製造業の拡大が示された。
ユーロは対円で反発。
ドイツの失業率が予想以上に低下したことが背景。
前日までは7日続落し、2010年12月以来最長の連続安となっていた。
オーストラリア・ドルとニュージーランド・ドルは11月以来の高値に上昇した。

モーニングサテライト為替情報です。

JPモルガン・チェース銀行 佐々木融さん
ドル円予想レンジ:76.10-76.90円
注目ポイント:全体的なドルの動き

☆ユーロ円100円割れ☆
100円を割れたのは、年末で年始の2日、日本時間早朝にユーロ円がかなり大きく落ちて、98円71銭まで落ちた。
これにつれて、ドル円も76.30銭まで下落した。
一旦反発したが、またちょっとドルの上値が重くなっている。

☆注目ポイント☆
年初の2日にDAXが3%近く上昇し、昨日も欧米株価が大体1~2%ぐらい上昇し、12月後半からのリスクオンの状態が続いている。
こういったリスクオンの状態の時は、ドルが弱くなりがちで、ドルは実行レートで見ると、約3週間ぶりの安値になっている。
オーストラリアドルが昨日一段と上昇し、ドルは2ヶ月ぶりぐらいの安値になっている。
このような形でドル安が続いてくると、ドル円も上値が重くなってくる。
先週の火曜日に米国財務省が、為替広告で日本の介入を批判しており、それ以来ドル円の上値が重くなっており、ドル円の下値リスクが強まっている。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

eBay Sniper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »