« 今後の為替相場見通し!イタリア、フランス国債入札とユーロの動向! | トップページ | 今後の為替相場見通し!オーストラリアドル上昇、欧州サミット、ECB待ち! »

2011年12月 5日 (月)

今後の為替相場見通し!ユーロの動きと欧州イベント待ち!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(12月5日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

モーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJ信託銀行 八幡高雄さん
ドル円予想レンジ:77.60-78.60円
注目ポイント:欧州イベント待ち

☆海外市場☆
米国雇用統計で失業率が8.6%と改善を示したが、労働力人口の減少が背景にあることが確認されたことで、市場はややリスク回避的な動きとなった。
為替市場ではドルが買われた。
NYの午後にはECBがIMF経由で2,000億ユーロの拠出をすることが報道され、一旦はユーロが反発したが、引けにかけて再び下落している。

☆今日の東京市場☆
週末にイタリアモンティ内閣が、2,400億ユーロ規模の財政緊縮策を閣議決定した。
今朝はややユーロが反発しているが、週後半にEU首脳会議、ECB理事会を控え、基本的には大きな動きにはなりにくいとみている。

☆注目ポイント☆
ドイツメルケル首相はユーロ共同債の購入、ECBの国債買い入れ強化に反対している中で、大胆な施策が決定されるとは考えにくい。
ユーロドルのフォワードレート(ユーロを売ってドルを調達する際のドルの調達コスト)1ヶ月ものの推移をみてみる。
先日の日米欧の中央銀行の協調ドル資金供給の拡大策発表により、一旦は年末越えの資金調達コストが低下したが、ドルの調達コストが再び上昇する傾向にある。
市場の疑心暗鬼は高債務国への強制制裁を含む財政援護の実現まで続くかもしれない。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

|

« 今後の為替相場見通し!イタリア、フランス国債入札とユーロの動向! | トップページ | 今後の為替相場見通し!オーストラリアドル上昇、欧州サミット、ECB待ち! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125707/43260206

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の為替相場見通し!ユーロの動きと欧州イベント待ち!:

« 今後の為替相場見通し!イタリア、フランス国債入札とユーロの動向! | トップページ | 今後の為替相場見通し!オーストラリアドル上昇、欧州サミット、ECB待ち! »