« 今後の為替相場見通し!オーストラリアドル上昇、欧州サミット、ECB待ち! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロ下落、ECB3年物資金供給オペでも懸念緩和せず! »

2011年12月14日 (水)

今後の為替相場見通し!ドルが続伸、FOMCは低金利継続を表明-QE3示唆せず!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(12月14日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
13日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上げ幅を拡大した。
米連邦公開市場委員会(FOMC)では、景気刺激を狙った追加緩和策は取られなかった。
ドルは2日続伸。
米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長率いるFOMCは、政策金利を2013年半ばまで異例の低金利にとどめる公約を維持した。
一方で借り入れコスト抑制のための新たな措置には言及しなかった。
ユーロはドルに対して11カ月ぶり安値に下落。
域内の高債務国の資金繰りが厳しくなる中、欧州首脳陣は欧州安定化メカニズム(ESM)の規模拡大案で合意に至らないとの懸念が広がった。

モーニングサテライト為替情報です。

野村証券 池田雄之輔さん
ドル円予想レンジ:77.50-78.15円
注目ポイント:QE3の可能性

☆FOMCを受けた為替相場☆
FRBの追加緩和姿勢はあまり強くないという見方から、全体的にドル堅調の流れを引き継ぐとみている。
ただ、日本の輸出企業のドル売り需要もあるので、78円の半ばまでは行かないと予想している。

☆注目ポイント☆
QE3の可能性が高まれば、期待先行でまず1回米国金利が低下し、円高地合いになると見込んでいる。
ただ、逆にQEの実施後には、円高圧力の緩和が予想されている。
過去2回の例を見てみると、QEの実施前は円高傾向だったが、実施を景気に株価、金利の上昇に弾みがついて、円高圧力が顕著に緩和していることがわかる。
今日のFOMCの声明文を見る限り、あまりQE3に踏み込むという積極的な姿勢は伝わってこなかった。
おそらく、FRBとしては、ユーロ情勢や株価の反応を見極めて、状況が悪化した際の切り札としてQEを温存しておく戦略だとみている。
時期的には2月に注目している。
イタリア国債の大量償還など、ユーロ情勢の山場が2月にあるから。
早ければその前後がQE3発動のタイミングではないかとみており、その場合、春先から円高圧力が和らぐと予想している。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

eBay Sniper

|

« 今後の為替相場見通し!オーストラリアドル上昇、欧州サミット、ECB待ち! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロ下落、ECB3年物資金供給オペでも懸念緩和せず! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125707/43370052

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の為替相場見通し!ドルが続伸、FOMCは低金利継続を表明-QE3示唆せず!:

« 今後の為替相場見通し!オーストラリアドル上昇、欧州サミット、ECB待ち! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロ下落、ECB3年物資金供給オペでも懸念緩和せず! »