« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月28日 (水)

今後の為替相場見通し!ユーロはほぼ変わらず-債務危機懸念が根強い!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(12月28日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではユーロがイタリアの国債入札を28日に控えてもみ合う展開となった。
欧州債務危機が域内の経済成長の足を引っ張るとの懸念が根強い。
米消費者信頼感の上昇に反応して、スイス・フランと円が対ドルで上昇した。
南アフリカ・ランドとスウェーデン・クローナは対ドルで上昇。
株と商品の値上がりが背景。

モーニングサテライト為替情報です。

SMBC日興証券 野地慎さん
ドル円予想レンジ:77.50-78.10
注目ポイント:年末要因のはく落

☆海外市場☆
米国住宅価格指数が予想以上に落ち込む一方で、消費者信頼感指数が8ヶ月ぶりの高水準に上昇するなど、経済指標はまちまちで方向感を欠く展開となった。

☆今日の東京市場☆
日本では生産や物価などの重要経済指標が発表されるが、ドル円に大きな影響を及ぼすことはないと思われる。
年末で市場参加者が少ない中、ドル円は小動きに終始すると思われる。

☆注目ポイント☆
シカゴ市場の投機筋ポジションに注目すると、円やユーロ、豪ドルなどの主要6通貨の先物ポジションの合計が大幅な売りこしとなっており、ドル高要因となっていることがわかる。
ユーロ不安を背景としているところもあるが、年末のレパトリ需要によってドル高となることを期待した向きもあったのではないかと思われる。
米国株式市場が堅調に推移するなど、ドル安要因が目立ってきた中で、年明け早々にも投機筋がドル売りに転じる可能性があり、注目している。
ドル売りとなると円が買われる。
円の先物ポジションに注目すると、12月20日の時点で、今年7月以来の低水準まで落ち込んでいる。
年末要因がはく落することで、再度円先物の買い越しが積み上がることを想定すれば、市場が円高方向に動きやすいものと考えられる。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

eBay Sniper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

今後の為替相場見通し!ドル円暴落前の嵐の静けさか?

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(12月27日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

モーニングサテライト為替情報です。

JPモルガン・チェース銀行 佐々木融さん
ドル円予想レンジ:77.60-78.10円
注目ポイント:米国株価の動向

☆海外市場☆
日本以外の市場は休みで、若干ドルが弱含んだ程度で、そのほかほとんど動きはなかった。

☆注目ポイント☆
先週の火曜日以降、世界の株式市場はかなり堅調に推移しており、投資家のリスクテイク志向が強まる、いわゆるリスクオンの状態になっている。
先週の金曜日ダウは7月以来の高値を更新して引けているので、これが今週も続くか注目している。
誤解されやすいが、米国株が上昇するようなリスクオンの展開の時は、円も弱くなるが、ドルもさらに弱くなるケースが多いので、ドル円相場がドル安円高方向に振れることがあるので、注意が必要。
株以外にも、ドル下落の可能性を示唆しているものがある。
一つは原油価格の上昇、原油先物価格は先週5日続伸となっており、1バレル100ドル目前となっている。
原油価格上昇はドルの下落につながりやすいので、注意が必要。
もう一つはドル円相場のあまりに狭いレンジで、先週も先々週も50銭ちょっとしか動いていない。
ここまで動かなかったのは、1994年12月や1988年10月以来のことで、両方のケースのその後数ヶ月で、ドル円は暴落している。
こうした狭いレンジが嵐の前の静けさだということは、よくあることなので注意が必要。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

eBay Sniper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

今後の為替相場見通し!イタリア国債入札とユーロの動きに注目!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(12月26日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではユーロがドルに対し1月以来の安値付近で推移。
フランスの国内総生産(GDP)改定値が速報値から下方修正されたことで、欧州経済の失速懸念が強まった。
ユーロはこの日、もみ合う展開が続いた。
米耐久財受注額が予想を上回る伸びとなり、米経済の成長およびユーロ圏とのデカップリング(非連動)の兆候がまた増えた。
欧州中央銀行(ECB)のビニスマギ理事は、ユーロ圏にデフレリスクが浮上することがあれば、ECBは量的緩和を政策として駆使することを避けるべきではないとの考えを示した。

モーニングサテライト為替情報です。

クレディ・アグリコル銀行 斎藤裕司さん
ドル円予想レンジ:77.70-78.20円
注目ポイント:29日のイタリア国債入札

☆海外市場☆
クリスマス休暇で市場参加者が少ない中、ドル円は78円台前半で小動きとなった。
ユーロは金曜日にイタリアの10年もの国債の利回りが7%レベルまで上昇し、欧州債務問題への警戒感からユーロの上値が重たい展開が続いた。
本日はほとんどの海外市場が休場となるために、為替市場は動意がなく、小動きとなりそう。

☆注目ポイント☆
先週ECBによる36ヶ月の資金供給オペがあり、結果は市場予想を上回る4,890億ユーロの資金供給が行われた。
このオペが行われる前には、銀行が調達した資金でイタリア国債などの周辺国の国債を買うという期待感があったが、そういう動きは非常に限定的になるのではないかとの見方も出てきている。
そこで、今週行われるイタリア国債の入札が注目されることになる。
入札が好調だと、市場はリスクオンの動きからユーロが買われ、不調に終わるようだと、ユーロ売り圧力が高まりそう。
このところユーロドルが上昇すると、ドル円が下落し、ユーロドルが下落すると、ドル円が上昇するという傾向が続いているので、ドル円の動きをみるうえでも注目している。

☆年末の需給面からみたドルの動き☆
年末のドルの資金調達が終了すれば、ドル建て資産の年末に向けた最終的なポジション調整が入ることが、市場では予想されている。
したがって、最終的にはドル売りが入りやすいとみている。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

eBay Sniper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

今後の為替相場見通し!ユーロ下落、ECB3年物資金供給オペでも懸念緩和せず!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(12月22日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ユーロが主要通貨の大半に対して下落。
欧州中央銀行(ECB)が銀行セクターの支援措置を打ち出しているものの、債務危機の悪化に歯止めをかけるには不十分との懸念が広がった。
ユーロは対ドルで一時の上げを消す展開となった。
ECBはこの日、1134日物資金供給オペで域内の523金融機関が計4890億ユーロ(約50兆円)を応札したと発表。
応札額はエコノミスト予想の2930億ユーロを上回った。
ブルームバーグのエコノミスト調査では、ユーロ圏経済は今年プラス1.6%成長が見込まれているが、来年はプラス成長を達成できない可能性が高い。
米経済は今年プラス1.8%、来年は同2.1%に成長が加速すると予想されている。

モーニングサテライト為替情報です。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマン 伊庭剛さん
ドル円予想レンジ:77.70-78.50円
注目ポイント:新年相場への準備

☆海外市場☆
海外市場は、ユーロの買戻しがみられた場面があったが、ヨーロッパ周辺国の国債価格が下落するなど、不安材料も健在で、結局、ユーロは対ドル、対円ともに下げる結果となっている。
ユーロの下げをきっかけに、ドル全面高となる中で、78円台となっているドル円は、日本の週末及び実質5、10日要因などから、本日の東京市場でもこじっかりとした展開を予想している。

☆クリスマス休暇☆
先週前半に節目とされてきた対ドル1.31半ばを下抜けて、下げを加速したユーロ相場も、今週は調整色の強い相場展開となっている。
昨日まさにそのレベルまでの下げも達成しており、思惑的な交渉もそれなりにニュートラルな状態に戻っているのでは。
欧米のクリスマス期間中も基本的に様子見ムードが先行するとみているが、ただし、ユーロ相場の不安定さ、特に下値不安に対する警戒感は依然として高く、マーケットが薄くなる分、ささいなニュースでも過剰な反応を示す危険性に注意が必要。

☆注目ポイント☆
ヨーロッパ情勢の行方はもちろんだが、個人的には、それとは対照的に米国経済に対するマーケットの見方や新興国地域の動向がカギとなってくるとみている。
特に年末商戦がかなり好調と伝えられている米国12月マクロ指標が発表される来月1月は、結果次第では思わぬドル高スタートとなる可能性もある。
一方で、来年もしばらくはいわゆる弱いもの探しが、通貨間の強弱を決める基準になるとは思うが、ドル円相場については、これまでの安全資産としての円の魅力というよりも、日本経済の先行き、復興財源問題、朝鮮半島情勢といった円にとってのマイナスの部分にマーケットが注目し始めれば、今年後半の75-80円のレンジを上抜ける新年相場がみられるかもしれないと見ている。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

eBay Sniper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

今後の為替相場見通し!ドルが続伸、FOMCは低金利継続を表明-QE3示唆せず!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(12月14日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
13日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上げ幅を拡大した。
米連邦公開市場委員会(FOMC)では、景気刺激を狙った追加緩和策は取られなかった。
ドルは2日続伸。
米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長率いるFOMCは、政策金利を2013年半ばまで異例の低金利にとどめる公約を維持した。
一方で借り入れコスト抑制のための新たな措置には言及しなかった。
ユーロはドルに対して11カ月ぶり安値に下落。
域内の高債務国の資金繰りが厳しくなる中、欧州首脳陣は欧州安定化メカニズム(ESM)の規模拡大案で合意に至らないとの懸念が広がった。

モーニングサテライト為替情報です。

野村証券 池田雄之輔さん
ドル円予想レンジ:77.50-78.15円
注目ポイント:QE3の可能性

☆FOMCを受けた為替相場☆
FRBの追加緩和姿勢はあまり強くないという見方から、全体的にドル堅調の流れを引き継ぐとみている。
ただ、日本の輸出企業のドル売り需要もあるので、78円の半ばまでは行かないと予想している。

☆注目ポイント☆
QE3の可能性が高まれば、期待先行でまず1回米国金利が低下し、円高地合いになると見込んでいる。
ただ、逆にQEの実施後には、円高圧力の緩和が予想されている。
過去2回の例を見てみると、QEの実施前は円高傾向だったが、実施を景気に株価、金利の上昇に弾みがついて、円高圧力が顕著に緩和していることがわかる。
今日のFOMCの声明文を見る限り、あまりQE3に踏み込むという積極的な姿勢は伝わってこなかった。
おそらく、FRBとしては、ユーロ情勢や株価の反応を見極めて、状況が悪化した際の切り札としてQEを温存しておく戦略だとみている。
時期的には2月に注目している。
イタリア国債の大量償還など、ユーロ情勢の山場が2月にあるから。
早ければその前後がQE3発動のタイミングではないかとみており、その場合、春先から円高圧力が和らぐと予想している。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

eBay Sniper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

今後の為替相場見通し!オーストラリアドル上昇、欧州サミット、ECB待ち!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(12月8日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではユーロが対ドルでもみ合い。
朝方は下げていたが、欧州首脳が域内債務危機の解決につながる対策で合意に達することができるとの楽観を背景に下げを埋めた。
主要20カ国・地域(G20)が国際通貨基金(IMF)を通じて欧州向けに6000億ドル規模の融資プログラムを検討しているとの日本経済新聞(電子版)の報道を手掛かりに、ユーロは上昇する場面もあった。
欧州中央銀行(ECB)は、8日の政策委員会で利下げを決定すると予想されている。
8-9日にはブリュッセルで欧州連合(EU)首脳会議が開かれる。
オーストラリア・ドルは上昇。
同国の第3四半期国内総生産(GDP)がエコノミスト予想以上に増加したことが好感された。

モーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券 塩入稔さん
ドル円予想レンジ:77.30-78.00円
注目ポイント:ECB理事会

☆海外市場☆
特段目新しい材料もなく、落ち着いた値動きだった。
アジア時間の水準とあまり変わらない水準で推移した。

☆ECB理事会☆
ユーロ圏の政策金利は、現在の1.25%から0.25%の引き下げが主要な見方だと思うので、それ自体にはサプライズがないと見ている。
今後の景気見通しや欧州債務問題に絡む総裁の会見内容が注目されているとみている。
欧州信用問題は、週末のEUサミットに向けて、ドイツ、フランス歩み寄りにより前進が期待されているが、一方で今後欧州は緊縮財政の影響から、景気減速、それに対応する金融緩和等が見込まれ、経済見通しからは弱気な見通しが主流になりつつある。
好材料、悪材料あるので、一朝一夕には片付かない材料である。
ユーロ相場は9月以降、大きな値幅での上下動の値動きをしているので、相場のエネルギーはそれほど貯まっていないと考えている。
これらから、本日の材料を持ってしても、最近のレンジを大きく離れていく動きにはならないのでは。
ユーロ円レンジは103円台から104円台を中心とした動きを想定している。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

今後の為替相場見通し!ユーロの動きと欧州イベント待ち!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(12月5日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

モーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJ信託銀行 八幡高雄さん
ドル円予想レンジ:77.60-78.60円
注目ポイント:欧州イベント待ち

☆海外市場☆
米国雇用統計で失業率が8.6%と改善を示したが、労働力人口の減少が背景にあることが確認されたことで、市場はややリスク回避的な動きとなった。
為替市場ではドルが買われた。
NYの午後にはECBがIMF経由で2,000億ユーロの拠出をすることが報道され、一旦はユーロが反発したが、引けにかけて再び下落している。

☆今日の東京市場☆
週末にイタリアモンティ内閣が、2,400億ユーロ規模の財政緊縮策を閣議決定した。
今朝はややユーロが反発しているが、週後半にEU首脳会議、ECB理事会を控え、基本的には大きな動きにはなりにくいとみている。

☆注目ポイント☆
ドイツメルケル首相はユーロ共同債の購入、ECBの国債買い入れ強化に反対している中で、大胆な施策が決定されるとは考えにくい。
ユーロドルのフォワードレート(ユーロを売ってドルを調達する際のドルの調達コスト)1ヶ月ものの推移をみてみる。
先日の日米欧の中央銀行の協調ドル資金供給の拡大策発表により、一旦は年末越えの資金調達コストが低下したが、ドルの調達コストが再び上昇する傾向にある。
市場の疑心暗鬼は高債務国への強制制裁を含む財政援護の実現まで続くかもしれない。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »