« 今後の為替相場見通し!オーストラリアドル、ニュージーランドドル上昇! | トップページ | 今後の為替相場見通し!次の円売り介入のタイミングは? »

2011年11月15日 (火)

今後の為替相場見通し!ユーロが下落、イタリアの借り入れコスト上昇に反応!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(11月15日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではユーロが3営業日ぶりに対ドルと対円で下落。
イタリア政府が実施した5年債入札で借り入れコストが上昇したほか、ドイツ国債に対するスペイン国債の利回り上乗せ幅(スプレッド)がユーロ導入後の最大に拡大したのが背景。
ユーロはブルームバーグが調査する主要通貨の中で円と韓国ウォンに対して特に大きく下げた。
欧州問題の波及への懸念が売り材料となった。
スイス・フランは対ドルで下落。
スイスの生産者物価と輸入物価は10月に落ち込んだ。
英雇用関連統計に反応し、ポンドは下げた。

モーニングサテライト為替情報です。

シティバンク銀行 尾河眞樹さん
ドル円予想レンジ:76.60-77.40円
注目ポイント:欧米の財政問題

☆海外市場☆
イタリアの5年債入札の結果を嫌気し、ユーロが大幅に下落した。
ドル円もユーロ円につられて、一旦下落したが、その後値を戻した。

☆ユーロドルの激しい変動☆
ユーロ圏と米国材料が入り混じっていることが要因と思われる。
先週末はイタリアの政局混迷が一旦収まったので、ユーロは上昇したが、シカゴ通貨先物市場のIMMでは、このところ投機筋のユーロの売越しが高水準で続いてきたために、少し好材料が出ただけでも、ユーロの買戻しが大きくなる傾向がある。
一方米国では、23日を目途に超党派委員会で財政赤字削減案をまとめているが、合意できなければ、ドルにとってはマイナス要因になる。
こうしたドル売りユーロ買い方向の話も出てくるので、ユーロが売り一辺倒ではなく、行ったり来たりを繰り返している。

☆今後のユーロの方向性☆
まず、ユーロ圏の債務問題は全く片付いていないので、昨日のように投機筋の買戻しが一巡すれば、売られる。
米国の財政赤字削減案は、ぎりぎりのところで合意に至るとみており、この材料によるドル安も限定的だと思う。
したがって、今後は更なるユーロ安ドル高方向に警戒が必要とみている。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

|

« 今後の為替相場見通し!オーストラリアドル、ニュージーランドドル上昇! | トップページ | 今後の為替相場見通し!次の円売り介入のタイミングは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125707/43015286

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の為替相場見通し!ユーロが下落、イタリアの借り入れコスト上昇に反応!:

« 今後の為替相場見通し!オーストラリアドル、ニュージーランドドル上昇! | トップページ | 今後の為替相場見通し!次の円売り介入のタイミングは? »