« 今後の為替相場見通し!ユーロが下落、イタリアの借り入れコスト上昇に反応! | トップページ | 今後の為替相場見通し!イタリア、フランス国債入札とユーロの動向! »

2011年11月16日 (水)

今後の為替相場見通し!次の円売り介入のタイミングは?

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(11月16日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではユーロが円に対して1カ月ぶり安値に下落。
対ドルでも下げた。
イタリアの新政権は債務危機への対応で苦戦するとの見方で、ユーロが売られた。
イタリアの10年債利回りが救済の分水嶺とされる7%に達すると、ユーロは一時1ユーロ=1.35ドルを割り込んだ。
スイス・フランは対ドルで下落。
スイス国立銀行(中央銀行)のヨルダン副総裁は、フラン相場は引き続き「非常に強い」と発言したのが手掛かりだった。
ドルと円は主要通貨に対して上昇。
ドイツで発表された景況感指数が3年ぶりの低い水準だったことに反応した。

モーニングサテライト為替情報です。

野村証券 池田雄之輔さん
ドル円予想レンジ:76.70-77.40円
注目ポイント:日銀追加緩和と為替介入

☆海外市場☆
米国では小売統計など経済指標が堅調だったが、ヨーロッパ情勢は引き続き不安定となっている。
本日もどちらかというと円が買われる地合いが続くのではないかとみている。

☆注目ポイント☆
この1週間で円高傾向が強まっているので、市場では次の円売り介入がいつかが話題になっている。
おそらく、1ドル75円前後で、再度の大型介入があると予想している。
そのタイミングを占う上では、日銀の追加緩和が重要になるとみている。
昨年9月以降に行われた4度の円売り介入を振り返ってみると、すべてのケースで介入の当日ないし介入前の約2週間以内に、日銀が追加緩和を行っている。
これはおそらく、G7の枠組みの中で、ある取り決めがあるからではないかとみている。
通貨高に対する政策は、まず第一に金融緩和で、それでもダメなら例外的に為替介入という暗黙のルール。
本日の日銀の会合ではおそらく追加緩和はないと思うが、もしあるようであれば、近日中に介入が発動されるという重要なシグナルになると解釈している。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

|

« 今後の為替相場見通し!ユーロが下落、イタリアの借り入れコスト上昇に反応! | トップページ | 今後の為替相場見通し!イタリア、フランス国債入札とユーロの動向! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125707/43028228

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の為替相場見通し!次の円売り介入のタイミングは? :

« 今後の為替相場見通し!ユーロが下落、イタリアの借り入れコスト上昇に反応! | トップページ | 今後の為替相場見通し!イタリア、フランス国債入札とユーロの動向! »