« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月17日 (木)

今後の為替相場見通し!イタリア、フランス国債入札とユーロの動向!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(11月17日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではユーロが円とドルに対して5週ぶりの安値をつけた。
欧州債務危機の影響でユーロ圏への信頼感が低下し、欧州中央銀行(ECB)が国債を追加購入せざるを得ないだろうとの観測が背景だ。
米連邦準備制度がECBの欧州債務危機対応を支援する可能性があるとの観測を手掛かりに、ユーロは下げ幅を縮小した。
スペインは17日、最大40億ユーロの入札を実施する。
フランスも同日に最大82億ユーロの入札を実施する。

モーニングサテライト為替情報です。

新生銀行 新生銀行 政井貴子さん
ドル円予想レンジ:76.50-77.20円
注目ポイント:欧州情勢

☆今日の東京市場☆
東京市場はリスク回避的な相場が続く中で、基本的に円は介入に対して、神経質になりながら、徐々にドルの上値を切り下げていく形になるのでは。

☆注目ポイント☆
スペインとフランスの国債入札を控えており、この入札が不調となると、市場の雰囲気が一層リスク回避的になると予想している。
更にドイツのメルケル首相の講演も予定されており、注目している。
ヨーロッパ情勢を整理すると、結局頼りはECBによる大規模な量的緩和期待になっているので、ECBの国債買い入れに対して、否定的なコメントが出たりするとユーロが売られるという相場になる。
ユーロの基礎収支は黒字なので、フロー面から極端なユーロ売りはないが、本邦投資家もイタリア、フランスの国債は15兆円に及ぶ金額でストックしているので、さらにここから悪化すれば、ストックからの回避が起こってもおかしくない。
そうすると、ユーロ円で円買いが進むので、ドル円も介入による需給の緩和がなければ、再び75円台にうかがう相場になってもおかしくない。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

今後の為替相場見通し!次の円売り介入のタイミングは?

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(11月16日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではユーロが円に対して1カ月ぶり安値に下落。
対ドルでも下げた。
イタリアの新政権は債務危機への対応で苦戦するとの見方で、ユーロが売られた。
イタリアの10年債利回りが救済の分水嶺とされる7%に達すると、ユーロは一時1ユーロ=1.35ドルを割り込んだ。
スイス・フランは対ドルで下落。
スイス国立銀行(中央銀行)のヨルダン副総裁は、フラン相場は引き続き「非常に強い」と発言したのが手掛かりだった。
ドルと円は主要通貨に対して上昇。
ドイツで発表された景況感指数が3年ぶりの低い水準だったことに反応した。

モーニングサテライト為替情報です。

野村証券 池田雄之輔さん
ドル円予想レンジ:76.70-77.40円
注目ポイント:日銀追加緩和と為替介入

☆海外市場☆
米国では小売統計など経済指標が堅調だったが、ヨーロッパ情勢は引き続き不安定となっている。
本日もどちらかというと円が買われる地合いが続くのではないかとみている。

☆注目ポイント☆
この1週間で円高傾向が強まっているので、市場では次の円売り介入がいつかが話題になっている。
おそらく、1ドル75円前後で、再度の大型介入があると予想している。
そのタイミングを占う上では、日銀の追加緩和が重要になるとみている。
昨年9月以降に行われた4度の円売り介入を振り返ってみると、すべてのケースで介入の当日ないし介入前の約2週間以内に、日銀が追加緩和を行っている。
これはおそらく、G7の枠組みの中で、ある取り決めがあるからではないかとみている。
通貨高に対する政策は、まず第一に金融緩和で、それでもダメなら例外的に為替介入という暗黙のルール。
本日の日銀の会合ではおそらく追加緩和はないと思うが、もしあるようであれば、近日中に介入が発動されるという重要なシグナルになると解釈している。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

今後の為替相場見通し!ユーロが下落、イタリアの借り入れコスト上昇に反応!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(11月15日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではユーロが3営業日ぶりに対ドルと対円で下落。
イタリア政府が実施した5年債入札で借り入れコストが上昇したほか、ドイツ国債に対するスペイン国債の利回り上乗せ幅(スプレッド)がユーロ導入後の最大に拡大したのが背景。
ユーロはブルームバーグが調査する主要通貨の中で円と韓国ウォンに対して特に大きく下げた。
欧州問題の波及への懸念が売り材料となった。
スイス・フランは対ドルで下落。
スイスの生産者物価と輸入物価は10月に落ち込んだ。
英雇用関連統計に反応し、ポンドは下げた。

モーニングサテライト為替情報です。

シティバンク銀行 尾河眞樹さん
ドル円予想レンジ:76.60-77.40円
注目ポイント:欧米の財政問題

☆海外市場☆
イタリアの5年債入札の結果を嫌気し、ユーロが大幅に下落した。
ドル円もユーロ円につられて、一旦下落したが、その後値を戻した。

☆ユーロドルの激しい変動☆
ユーロ圏と米国材料が入り混じっていることが要因と思われる。
先週末はイタリアの政局混迷が一旦収まったので、ユーロは上昇したが、シカゴ通貨先物市場のIMMでは、このところ投機筋のユーロの売越しが高水準で続いてきたために、少し好材料が出ただけでも、ユーロの買戻しが大きくなる傾向がある。
一方米国では、23日を目途に超党派委員会で財政赤字削減案をまとめているが、合意できなければ、ドルにとってはマイナス要因になる。
こうしたドル売りユーロ買い方向の話も出てくるので、ユーロが売り一辺倒ではなく、行ったり来たりを繰り返している。

☆今後のユーロの方向性☆
まず、ユーロ圏の債務問題は全く片付いていないので、昨日のように投機筋の買戻しが一巡すれば、売られる。
米国の財政赤字削減案は、ぎりぎりのところで合意に至るとみており、この材料によるドル安も限定的だと思う。
したがって、今後は更なるユーロ安ドル高方向に警戒が必要とみている。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

今後の為替相場見通し!オーストラリアドル、ニュージーランドドル上昇!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(11月14日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ユーロが対ドルで2週間ぶり大幅高。
欧州各国がソブリン債危機の封じ込めに向け取り組んでいるとの楽観的な見方が再び広がった。
ギリシャではパパデモス前欧州中央銀行(ECB)副総裁が新首相に就任。
またイタリアでは上院が財政緊縮法案を可決した。
これらを手掛かりにユーロは上昇。
円は対ドルで、先月の日本の円売り介入以来の高値に上昇。
オーストラリア・ドルとニュージーランド(NZ)ドルは米ドルに対し値上がりした。

モーニングサテライト為替情報です。

クレディ・アグリコル銀行 斎藤裕司さん
ドル円予想レンジ:76.80-77.60円
注目ポイント:米国財政赤字削減策

☆海外市場☆
週末は米国の退役軍人の日で市場参加者が少ない中、イタリア議会で財政安定化法案が可決されたことをうけて、市場心理が改善し、ドルが売られユーロが上昇する展開となった。
こうしたドル売りの流れがドル円にも影響し、77円台前半で上値の重い展開で推移した。

☆注目ポイント☆
7月から8月の始めにかけて、米国債務上限法を巡る騒動で、ドルが下落したことは、ドルが下落したのは記憶に新しいところ。
現在財政赤字削減を巡る米国議会特別委員会が、11月23日の合意期限を目指して協議している。
このところ欧州債務問題に市場の関心が集中していたが、23日までに合意できなければ、2013年度から自動的に支出削減策が実行されるため、特別委員会の協議が難航すれば、再びドル売り圧力が増すことが懸念されている。

☆日本、欧州GDP発表☆
本日は日本7-9月期GDPが発表されるが、震災の反動もあり、実質GDP+1.5%と高い数字が予想されている。
一方でユーロ圏は、+0.2%で低成長が予想されている。
先週欧州委員会のまとめた経済見通しでは、2012年度のユーロ圏の成長率予想は、5月時点の見通しの+1.8%から、+0.5%へ大幅下方修正している。
ファンダメンタルズの面からも円買いが進みやすい状況が続きそう。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

今後の為替相場見通し!ユーロ上昇、イタリア首相の辞意表明で債務問題解決を期待!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(11月9日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではユーロが対ドルで上昇した。
イタリアのナポリターノ大統領は、ベルルスコーニ首相が財政緊縮法案の可決後に辞任することで同意したと発表。
これに反応した。
ベルルスコーニ首相はこの日行われた予算関連の議会採決で承認を勝ち取ったものの、絶対過半数には至らなかった。
これに対してユーロはほとんど反応しなかった。
円は対ドルで、日本が円売り介入を実施した10月31日以来の高値に上昇した。

モーニングサテライト為替情報です。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマン 伊庭剛さん
ドル円予想レンジ:77.30-78.30円
注目ポイント:円の実力

☆海外市場☆
一連のイタリア関連の報道がきっかけとなり、対ドルで欧州通貨の買いが出たことを受けて、ドル円も77円台半ばまで下落している。
本日の東京市場でも、当然東京の出方に一層の注目が集まりそうだが、介入期待のドル買いポジションもたまりやすく、これが短期的にドル円の頭を重くし、値運びが悪くなる展開を予想している。

☆ヨーロッパ材料☆
懸念材料に事欠かないユーロ相場だが、上げ下げを繰り返しつつ、実は底堅い展開となっている。
少なくとも今に始まったことではない、欧州財政問題は新たな投資を慎重をさせるものではあっても、短期的にはユーロの売り材料としてはだんだん新鮮味に欠けてきたとみている。

☆注目ポイント☆
過去に行われた大規模介入の後の値動きと同様に、足元のドル円相場は警戒感から下がりもしないが、上がりもしない相場展開となっている。
注目したいのは円の実効レート自体が、介入以前からすでに円安ぎみの推移となっている点。
欧州の混乱は収まる気配はないが、よく指摘されるようなリスク回避行動に伴う円への資金逃避といった流れはすでに潮目を迎えているのではないかとみている。
こうした流れの中で行われた円売り介入の効果に加え、世界的なデフレ状態や、タイの洪水による日本の製造業への影響、TPPを巡る政局など、今後は円の実力そのものが相場に反映される展開、つまり対ドルでも円が弱含む場面が出てくるのでは。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

今後の為替相場見通し!ギリシャ大連立成立か、ユーロ動向に注目!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(11月7日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではユーロがドルに対して反落。
週間ベースでは約2カ月ぶりの大幅安。欧州債務危機封じ込めに向けた資金面での支援で、20カ国・地域(G20)首脳会議が合意できなかったことが背景。
ドルは主要16通貨のうち14通貨に対して上昇。
米労働省が4日に発表した10月雇用統計では、非農業部門雇用者数の伸びが市場予想に達しなかったものの、失業率が低下したことが好感された。
カナダの雇用統計は予想外の雇用減を示し、これを受けてカナダ・ドルは下落した。

モーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJ信託銀行 八幡高雄さん
ドル円予想レンジ:77.70-78.70
注目ポイント:ギリシャ連立政権

☆海外市場☆
リスク回避の動きが強まり、G20で欧州安定化基金の資金調達方法が決定していないことや、イタリアの財政健全化策がIMFの監視下に置かれることが報道され、欧州債務問題の拡大リスクが懸念された。
為替市場ではユーロが売られドルが買われている。

☆注目ポイント☆
本日もギリシャ動向に注目している。
先ほどギリシャ与野党が連立暫定政権樹立に合意したとの報道があった。
パパンドレウ首相が辞任し、時期首相には前ECB副総裁のパパデモン氏が就任するようだ。
政治混乱の修復が期待され、本日はユーロが堅調になりそう。
ただし、資金繰りのリスクを回避するためには、11月中にEU支援策を正式承認する必要がある。
今後もギリシャ動向に一喜一憂する相場展開が続きそう。
G20では欧州安定化基金の規模拡充に対する協力国もなく、具体策が決定していないことが今後の波乱要因になるとみている。
基金拡充が不可欠な欧州と、IMF等での発言権拡大を狙った新興国の駆け引きの結果、セーフティネット整備に時間を要する場合は、更にリスクが深刻化する場合があり、注意が必要。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

今後の為替相場見通し!ユーロ、オーストラリアドル安進行!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(11月2日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ユーロが対ドルで3営業日続落し、約3週間ぶりの安値を付けた。
ギリシャ救済策が崩壊するとの懸念や、欧州中央銀行(ECB)の利下げ観測を背景に、ユーロの需要が後退した。
ユーロは円に対して2週間ぶりの大幅下落。
ギリシャのパパンドレウ首相は欧州連合(EU)による救済計画について、国民投票で是非を問うと発表。
これを手掛かりにユーロは売られた。
投票で否決されれば、同国はデフォルト(債務不履行)に陥る恐れがある。
その後、国民投票は「基本的に計画倒れ」となっているとのギリシャ政府当局者の見解が報じられると、ユーロはそれまでの下げを縮小した。
ドルと円は上昇。
中国の製造業購買担当者指数(PMI)が10月に低下したことを受け世界的な株安が進んだことが背景。

モーニングサテライト為替情報です。

JPモルガン・チェース銀行 佐々木融さん
ドル円予想レンジ:78.10-78.50円
注目ポイント:FOMC

☆海外市場☆
昨日ギリシャが救済策に対する国民投票を実施する計画を明らかにしたことを受けて、世界の金融市場はリスク回避モードとなり、ドルと円の双方が買われて、クロス円で大きく円高が進んでいる。
ユーロ円や豪ドル円は一時、一昨日介入が開始された水準よりも円高の水準まで下落してきている。

☆注目ポイント☆
先々週以降、一部の委員から追加緩和の可能性を示唆するコメントも聞かれているので、先行きのQE3の可能性について、声明やバーナンキ議長が記者会見でどのような示唆をするかが注目される。
目先1~2週間は介入警戒感から狭いレンジ内で推移するとみているが、中長期的なドル安トレンドは介入では変えられないので、基本的にはドル安円高トレンドは続くと見ている。
中長期的なドル円の動きを見る上では、本日のFOMC後のドルの全般的な動きが注目される。
ドル実行レートとドル円の推移を比較すると、ドルが全般的に大きく買い戻されている時は、リスク回避志向の高まりで、円も一緒に買われるため、ドル円相場はほとんど動かない。
先月のように市場参加者のリスクテイク志向が強まって、ドルが下落し始めると、ドル円相場はドル安に押されて下落を始めている。
FRBが追加の金融緩和の可能性を示唆することによって、ドル安トレンドが再開するようだと、ドル円も再び円高方向に動きやすくなると考えられる。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

今後の為替相場見通し!為替介入の効果は、2日連続の介入の可能性は?

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(11月1日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、円が対ドルで2008年以来の大幅下落。
円が戦後最高値を更新し輸出企業の業績悪化が懸念される中、日本当局は日本時間31日の外国為替市場で今年3度目となる円売り介入に踏み切った。
ドルは主要取引通貨の全てに対して上昇。
米先物ブローカーのMFグローバル・ホールディングスが欧州ソブリン債投資の影響で破産法適用の申請に至ったことを受け、株式相場が下落。
逃避需要が高まりドルが買われた。
安住淳財務相の指示による円売り介入を受け、円は主要取引通貨の全てに対して下落した。

モーニングサテライト為替情報です。

新生銀行 政井貴子さん
ドル円予想レンジ:77.50-79.50
注目ポイント:政府日銀の介入姿勢

☆海外市場☆
介入に関しての直接の批判は欧米からは大きくでておらず、米国財務次官から少しコメントがあったくらい。
株や商品市況はドルが上がってしまったことで、売られたという中で、為替は今小動きになっている。

☆今日の東京市場☆
今日も介入があるかどうかは、わからない。
77.50円が、90日線や戻しの半値目途などチャートの節目なので、そこの攻防を見た上で、政府、日銀が2日間続けて介入するのかどうかの見極めの日とみている。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »