« 今後の為替相場見通し!ユーロ軟調、ECB利上げ局面終了との観測で-円は上昇! | トップページ | 今後の為替相場見通し!雇用統計を受け円高圧力、ユーロ円、オーストラリア円で円買い圧力! »

2011年9月 2日 (金)

今後の為替相場見通し!スイスフラン、オーストラリアドルの上昇!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(9月2日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではドル指数が2週間ぶりの高水準を付けた。
米供給管理協会(ISM)製造業景況感指数が予想を上回り、米金融当局が追加緩和を実施するとの観測が後退、ドル買いが入った。
ISM指数を受け、連邦公開市場委員会(FOMC)が量的緩和第3弾に踏み切るとの思惑が弱まり、ドルは対ユーロで下げ足を速めた。
欧州の景気減速兆候を背景にスイス・フランは主要16通貨全てに対して上昇した。

モーニングサテライト為替情報です。

三菱東京UFJ銀行NY 佐藤真吾
ドル円予想レンジ:76.30-77.30
注目ポイント:米国雇用統計

☆今日の東京市場☆
31日に発表されたシカゴ景気指数に引き続き、ISM製造業景気指数も予想を上回り、ドル買いが進む場面があったものの、いずれもドルの上昇は限定的で、ドル円は再び76円台で推移している。
市場予想を上回る米国経済指標への反応がやや限定的な中、今後の経済指標が逆に市場予想を下回った場合には、一段とドル安が進むことも考えられ、警戒する必要があると考えている。

☆注目ポイント☆
市場の注目は本日発表される米国雇用統計に集まっている。
9月下旬に開催されるFOMCにおいて、追加的な金融緩和策導入が決定されるか否かを占ううえで、重要な経済指標と見られており、雇用統計で雇用の回復が確認できない場合は、一段とドル安円高が進む可能性があり、注視している。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

|

« 今後の為替相場見通し!ユーロ軟調、ECB利上げ局面終了との観測で-円は上昇! | トップページ | 今後の為替相場見通し!雇用統計を受け円高圧力、ユーロ円、オーストラリア円で円買い圧力! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125707/41463553

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の為替相場見通し!スイスフラン、オーストラリアドルの上昇!:

« 今後の為替相場見通し!ユーロ軟調、ECB利上げ局面終了との観測で-円は上昇! | トップページ | 今後の為替相場見通し!雇用統計を受け円高圧力、ユーロ円、オーストラリア円で円買い圧力! »