« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日 (水)

今後の為替相場見通し!ドルと円が下落、世界的な株高で-欧州債務問題を楽観視!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(9月28日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ドルと円が下落。
欧州で債務危機の封じ込めに向けた対策がまとまりつつあるとの楽観的な見方を背景に、世界的に株価が上昇したことが手掛かり。
ユーロはドルに対し3日続伸。
ドイツのメルケル首相は、ギリシャが救済資金を受けるための条件を達成できるよう支援する考えを示した。
またギリシャのパパンドレウ首相は、域内救済基金の拡大をめぐり議会の支持を得た。
ドルに対しては南アフリカ・ランド、韓国ウォン、メキシコ・ペソの上げが目立った。

モーニングサテライト為替情報です。

新生銀行 政井貴子さん
ドル円予想レンジ:76.00-77.00円
注目ポイント:ドイツ連邦議会下院での採決

☆海外市場☆
ドイツのコミットメントがあるなしで、株式市場がリスクオンオフで大きく揺れて、それにあわせて為替もクロス円を中心に、リスクオンであれば円安、そうでなければ売られるという形になっている。
昨日は締めてみると、比較的楽観的な雰囲気で終わっている。
ギリシャも増税案を無事通過させることができて、今後第6弾の融資に向けて、一歩進むことができた。

☆今日の東京市場☆
本邦半期末で実需の円買いがあり、一方株式市場はNYを受けて好感するので、レンジとしては77円を頭に1円幅で動くと見ている。

☆注目ポイント☆
最大の注目は29日のドイツで、これだけコミットメントを示しているだけに、まず自分の所が姿勢を示すことが必要。
3年前のリーマンショックの時に、米国下院で金融救済案が通らなかったことがあり、その記憶がまだ新しいので、市場参加者は結果を見ないと、疑心暗鬼になっているところがある。
ドイツが無事通貨すると、クロス円を中心に円が売られドル買戻しの雰囲気になるとみている。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

今後の為替相場見通し!ユーロ下落、対円で10年ぶり安値-債務危機への対応懸念!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(9月27日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ユーロが円に対し10年ぶり安値に下落。
ユーロ圏のソブリン債危機解決に向けた措置が不十分との懸念から、ユーロ建て資産の需要が後退した。
ユーロ圏の中央銀行の当局者によると、欧州中央銀行(ECB)はカバード債の購入再開や金融環境を緩和させるための他の追加措置を検討する公算がある。
これに反応し、ユーロは対ドルで一時上昇する場面があった。
スウェーデン・クローナとノルウェー・クローネは対ドルで値上がり。
高利回り資産選好が強まる中で株価が上昇したことが手掛かりとなった。
円は対ドルでは戦後最高値付近で推移している。

モーニングサテライト為替情報です。

シティバンク銀行 尾川眞樹さん
ドル円予想レンジ:76.00-77.00円
注目ポイント:引き続きユーロ圏債務問題

☆これまでの相場☆
欧州金融安定化基金EFSFの活用方法も含め、欧州で追加の対応策が検討されている期待から、ユーロが1.33ドル台の安値から1.35ドル台まで反発している。

☆注目ポイント☆
本日ドイツとギリシャの首脳会談が行われる予定。
29日木曜日には、ドイツ下院でEFSFの機能拡充の可否について、採決が行われる。
仮にギリシャがデフォルトした後でも、金融市場の安定のためには、EFSFの資金や国債を買い取る権限は必要になってくるので、おそらくこれは可決される可能性が高いとみている。
一旦ユーロが持ち直す可能性はあるが、ギリシャのデフォルトの可能性自体は消えてしまう訳ではないので、ユーロはその後、再び下落に転じるとみている。

☆堅調なドル円☆
リスク回避の時には、ドルも同時に買われるので、対円相場で見た時には、ドル円が最も下がりにくくなっている。
また、シカゴのIMM先物市場でも投機筋の円の買い越し額が更に増加している状況なので、本格的なポジション調整が起こると、むしろ短期的にはドル円が堅調な展開になるかもしれない。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

今後の為替相場見通し!FOMC受けてユーロ、オーストラリアドル下落!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(9月22日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇した。
借り入れコストの抑制や経済成長と雇用促進を目指して、米連邦公開市場委員会(FOMC)が償還期間の比較的長い米国債の保有を増やす決定に至ったことが背景。
ドルは主要取引通貨の過半数に対して上げた。
FOMCは1兆6500億ドル相当の米連邦準備制度理事会(FRB)保有資産のうち、短期債を売却してより償還期間の長い米国債に買い替える措置を決定した。
この措置は「オペレーション・ツイスト」と呼ばれるもので、ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト42人を対象に実施した調査によれば、71%がオペレーション・ツイストの実施を予測していた。
円は対ドルで上昇し戦後最高値に近づく場面も見られた。
世界経済の減速懸念を背景に、安全資産への逃避需要が高まった。

モーニングサテライト為替情報です。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマン 伊庭剛
ドル円予想レンジ:76.30-77.30
注目ポイント:FOMC後の焦点

☆FOMCを受けた為替市場☆
内容については全体として意外感はないが、為替市場はドル買いで反応している。
特に発表後は、欧州通貨や新興国通貨の下落が顕著で、大幅な金融緩和策を予想していた市場参加者にとっては、やや期待はずれだったかもしれない。

☆FOMC後の焦点☆
今回無難に消化したという観点からは、マーケットの焦点は、従来までの欧州動向と新興国動向に戻るとみている。
世界的なリスク資産圧縮の動きからは、あらゆるマーケットにおいて、ポジション解消の動きが見られている。
ドル実行相場の推移に見られるように、先月来ドル相場は堅調相場となっている。
こうした投資資金の巻き戻しといった金融政策や政局を含む米国固有の問題とは別の次元でのドル買いが継続するとみている。

☆円高基調継続か?☆
スイス当局による徹底した通貨防衛策発表以降、結果的に円が独歩高を続けるという指摘もあるが、世界情勢が変化しているので、リスク資産から米国ドルの流れが起こっている中で、
日本の円に対する安全資産としての魅力、あるいは安全通貨へのニーズが徐々に薄まりつつあるのではないかと感じている。
今回のFOMCによる政策は、日米の短期金利差の拡大をもたらすとも言えるので、期末を前にして本邦投資家の資金回帰の動きが一服すれば、新規投資開始となる来月に向けて、円高に一定の歯止めがかかるとみている。

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

今後の為替相場見通し!ユーロが対円とドルで下落、ギリシャのデフォルトを警戒!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(9月13日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではユーロが下落。
対円で2001年以来の安値をつける場面もあった。
ドイツのメルケル政権がギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念の高まりを受けて、対応策を準備しているとの観測を背景に、ユーロ買い需要が減退した。
ユーロは対ドルで下げ渋った。
英フィナンシャル・タイムズ紙が報道したイタリア国債購入の可能性をめぐる同国政府と中国との話し合いが材料となった。
ユーロは一時、対ドルで2月以来の安値に下落。
今後5年以内にギリシャがデフォルトに陥る確率が98%に高まったのが背景だ。
円は安全への逃避需要が高まったことから、主要通貨のすべてに対して上昇した。

モーニングサテライト為替情報です。

シティバンク銀行 尾川眞樹さん
ドル円予想レンジ:76.80-77.80
注目ポイント:クロス円の動き

☆為替相場☆
現在のドル高は一時的なポジション調整と見た方がよい。
シカゴIMM投機筋の円の持ち高をみると、7月の中旬あたりから円の買い越し額を増やしてきている。
要するにリスクをとって、円を買って、ドルを売っていたという流れだだった。
最近ユーロ圏などの債務問題などで、金融市場が緊張しているので、リスクがとりにくくなった。
円を売って、ドルを買い戻す動きになっているだけで、こうしたポジション調整は一巡すると、終わるので、徐々にドルの上値は重くなってくる。
行ったとしても78円台の半ばくらいとみている。

☆円高は終わっていない☆
リスク回避になった時は、今までスイスフランや円、ドルにお金が向かいやすかった。
スイスフランは、この間、通貨高防止策を発表しており、スイス円を見てみると、円高が進んでいる。
リスク回避の時に、逃げる通貨が1個減って、リスク回避の時は、円にしわ寄せがきやすくなっている。
ユーロ円やオーストラリアドル円などは、金融市場の不安が高まった場合には、もっと円高に行くリスクを見ておく必要がある。
ドル円もじわっと円高方向にくる可能性はある。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年9月 8日 (木)

今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで上昇-イタリア上院が財政緊縮策を承認!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(9月8日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ユーロがドルに対して反発。
前日まで2010年4月以来の長期下落局面となっていたが、これで7営業日ぶりに上昇した。
イタリアのベルルスコーニ首相が推進する財政緊縮計画が上院の信任投票で過半数の賛成票を獲得し、ユーロ圏の債務危機への対応が前進するとの見方が強まった。
ドル指数は下落。
米連邦準備制度理事会(FRB)が発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、一部地域で経済活動がまちまちないし下降したと指摘されたことが手掛かり。
ノルウェー・クローネは対ユーロで8年ぶり高値に達したほか、スウェーデン・クローナも上昇。
スイス・フランに代わる投資先として需要が高まった。
この日は、ドイツの連邦憲法裁判所がユーロ圏救済基金への同国参加は違憲だとの訴えを退けた。
これを受けて、ユーロは一時、大半の主要通貨に対して値上がりした。

モーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券 塩入稔さん
ドル円予想レンジ:77.00-77.80
注目ポイント:米ドル回帰の兆し

☆注目ポイント☆
米国経済指標がさえず、株式市場も軟調、米国の金利も急速かつ大幅に低下してきていて、米国経済に対して強気になれない状況。
例えば、ユーロは対ドルでも対円でも値下がりしており、ユーロ円は値下がり傾向なので、リスク回避時の円買い局面という値動きにも見える。
ドルの直接の買い材料ではないが、ブラジルの利下げ、スイスフラン高是正のアグレッシブな動き、ユーロ圏債務問題悪化など、ドル売りをしにくい材料が増えてきている。
ドル円の値動きからは、あまり方向感がなく、ドル上昇の実感は持ちにくいが、例えば、8日オバマ大統領の景気刺激策発表等がきっかとなり、仮に78円台に上昇してくるようだと、雰囲気も強気に変わってくるのでは。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

今後の為替相場見通し!雇用統計を受け円高圧力、ユーロ円、オーストラリア円で円買い圧力!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(9月5日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではドルがスイス・フランに対して3日続落。
8月の米非農業部門雇用者数の伸びが止まったため、金融当局は景気浮揚に向けて措置をとるとの観測が高まり、ドル売りが膨らんだ。
フランは対ユーロでも上昇。
株安で安全な逃避先を求める動きとなり、資源国通貨が安い。
米連邦公開市場委員会(FOMC)が量的緩和第3弾に踏み切るとの憶測を背景に、ドルはフランに対して週間ベースでほぼ1カ月ぶりに下げた。
欧州の債務危機が一段と深刻化するとの懸念から、ユーロはほとんどの主要通貨に対して下げた。

モーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJ信託銀行 酒井聡彦さん
ドル円予想レンジ:76.10-77.10
注目ポイント:クロス円動向

☆海外市場☆
米国における雇用環境に改善の兆しが全く見られない結果となった。
特に非農業部門雇用者の伸びが0だったことは、米国通信大手によるストライキの影響4万5千人を差し引いたとしても、みじめな結果と言わざるをえない。
米国経済が急減速するシナリオが現実味を帯びてきた。

☆注目ポイント☆
本日はレーバーデイのため、米国市場は休日で、米国発の材料は限定的と予想される。
一方、欧州ソブリン問題、銀行問題を抱えて、今週木曜日にECB理事会を控える欧州発の材料が多く、リスク回避的な動きが強まる中、ユーロには下落圧力がかかりやすい環境とみている。
こうした見方が正しければ、ユーロ円を含めたクロス円で円買い圧力が強くなると見られ、ドル円でも円高基調が強まりそう。
戦後最高値75.95円が見えて、その可能性が高くなったと考えている。
欧州金融問題悪化や米国経済急減速は十分織り込まれておらず、ボラティリティには上昇余地があると見る向きもある。
ボラティリティが上昇するマーケットでは、投資家がリスク回避の傾向を強めるため、為替市場では円買い圧力が強まる。
こうした状況となれば、新政権は円売り介入を含めた金融緩和策で対応すると見られるが、マーケット圧力に効果的に対処できるか問われるところ。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

今後の為替相場見通し!スイスフラン、オーストラリアドルの上昇!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(9月2日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではドル指数が2週間ぶりの高水準を付けた。
米供給管理協会(ISM)製造業景況感指数が予想を上回り、米金融当局が追加緩和を実施するとの観測が後退、ドル買いが入った。
ISM指数を受け、連邦公開市場委員会(FOMC)が量的緩和第3弾に踏み切るとの思惑が弱まり、ドルは対ユーロで下げ足を速めた。
欧州の景気減速兆候を背景にスイス・フランは主要16通貨全てに対して上昇した。

モーニングサテライト為替情報です。

三菱東京UFJ銀行NY 佐藤真吾
ドル円予想レンジ:76.30-77.30
注目ポイント:米国雇用統計

☆今日の東京市場☆
31日に発表されたシカゴ景気指数に引き続き、ISM製造業景気指数も予想を上回り、ドル買いが進む場面があったものの、いずれもドルの上昇は限定的で、ドル円は再び76円台で推移している。
市場予想を上回る米国経済指標への反応がやや限定的な中、今後の経済指標が逆に市場予想を下回った場合には、一段とドル安が進むことも考えられ、警戒する必要があると考えている。

☆注目ポイント☆
市場の注目は本日発表される米国雇用統計に集まっている。
9月下旬に開催されるFOMCにおいて、追加的な金融緩和策導入が決定されるか否かを占ううえで、重要な経済指標と見られており、雇用統計で雇用の回復が確認できない場合は、一段とドル安円高が進む可能性があり、注視している。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »