« 今後の為替相場見通し!スイスフランの動きに注目! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロは総じて安い、独仏首脳がユーロ共同債を否定! »

2011年8月16日 (火)

今後の為替相場見通し!フランが大幅安、追加措置観測で-円は対ユーロで下落!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(8月16日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、スイス・フランが対ユーロで大幅安。
3営業日での下げとしては1999年のユーロ誕生以来の大幅な下落となった。
スイス当局が最近のスイス・フラン上昇に対し追加措置を講じるとの観測が広がったことが背景にある。
スイス・フランは対ドルで4営業日連続安。
スイス政府とスイス国立銀行(中央銀行)は、フランの一段高を阻止するため為替目標設定の可能性について「活発な協議」を行っているとの同国紙ゾンタークスツァイトゥングの報道が材料となった。
円はユーロに対して過去1週間で最大の下げ。
日本の通貨当局が、外為市場で再度介入を実施する準備があると示唆したことが手掛かり。

モーニングサテライト為替情報です。

シティバンク銀行
ドル円予想レンジ:76.30-77.30
注目ポイント:米国追加緩和

☆注目ポイント☆
米国FRBの追加緩和に対する期待が高まっており、講演でバーナンキ議長が去年のように何らかの追加緩和を示唆するような発言があるのではないかと、マーケットでは注目度が高い。
追加の量的緩和となった場合は、ドル安円高を注意しないといけない。
日米マネタリーベース比率を見てみると、日銀よりFRBの方が緩和を進めているので、ドル安円高が進んでいる。
更にQE3ということで、緩和が入ると、ドル安円高となるが、ただQE2の評価として、株は上がったが、原油が上がるというマイナス面もあった。
追加の量を増やすのではなく、購入している債券の年限を延ばすなど、時間軸を更に評価するような流れになるのでは。
ドル安の更なる加速はないのではないかとみているが、緩和が長期化するのは見えているので、ドルは上がりにくいのでは。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

|

« 今後の為替相場見通し!スイスフランの動きに注目! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロは総じて安い、独仏首脳がユーロ共同債を否定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125707/41226292

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の為替相場見通し!フランが大幅安、追加措置観測で-円は対ユーロで下落!:

« 今後の為替相場見通し!スイスフランの動きに注目! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロは総じて安い、独仏首脳がユーロ共同債を否定! »