« 今後の為替相場見通し!FRBバーナンキ議長講演に注目! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロ軟調、ECB利上げ局面終了との観測で-円は上昇! »

2011年8月29日 (月)

今後の為替相場見通し!バーナンキ議長講演後の為替相場!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(8月29日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要通貨の大半に対して下落。
米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が、米経済成長を悲観していないとの認識を示したことを受けて高リスク資産への需要が増し、株式相場が上昇したことが手掛かり。
スイス・フランはユーロに対して大きく下落。
スイスの銀行UBSが、顧客の現金取引決済口座へのフラン流入阻止を目的に、同口座の超過残高に対して時限的に手数料を徴収する可能性があると発表したことが材料。
主要6通貨に対するドル指数は、バーナンキ議長が景気浮揚に向けた新たな措置を示唆しなかったことに反応して一時上昇する場面もあった。

モーニングサテライト為替情報です。

クレディ・アグリコル銀行 斎藤裕司さん
ドル円予想レンジ:76.30-77.30
注目ポイント:ジャクソンホール後の米国経済指標

☆海外市場☆
一部で期待されていた量的緩和第3段についての言及はなかったが、9月のFOMCの日程を2日間に延長すると発言し、追加の金融緩和に含みを持たせたため、結局ドルが売られ、76.60円前後で引けている。

☆今日の東京市場☆
FOMCの開催日程を延長すると表明したことは、追加金融緩和も状況次第ではあり得るというメッセージを市場に送ることで、失望感を与えないようにした議長の思惑が講演内容から伺える。
したがって、次回FOMCまでの株価動向や米国経済指標が今後の金融政策を決定するうえで、更に重要度が増したと考えられる。
木曜日にISM製造業景気指数、金曜日に米国雇用統計があるので、そこに注目される1週間になる。

☆民主党の代表選挙☆
過去の例から言うと、日本の政局では為替は反応しないが、前回の民主党代表戦では、政治空白を突かれて円高が進行し、その直後に介入をした実績があるので、注意が必要だと思う。
来週9月6日から日銀金融政策決定会合がある。
日本と同じく自国通貨高に悩むスイス国立銀行が、大胆な緩和策でスイスフラン高にブレーキをかけている状況では、日銀にも更なる金融緩和を期待している。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

|

« 今後の為替相場見通し!FRBバーナンキ議長講演に注目! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロ軟調、ECB利上げ局面終了との観測で-円は上昇! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125707/41399670

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の為替相場見通し!バーナンキ議長講演後の為替相場!:

« 今後の為替相場見通し!FRBバーナンキ議長講演に注目! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロ軟調、ECB利上げ局面終了との観測で-円は上昇! »