« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

今後の為替相場見通し!ユーロ軟調、ECB利上げ局面終了との観測で-円は上昇!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(8月31日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではユーロが大半の通貨に対して軟調。
ユーロ圏のソブリン債危機が経済成長を抑制しているため、欧州中央銀行(ECB)の利上げ局面が終わったとの観測から売りが優勢になった。
円は主要16通貨のうち12通貨に対して上昇した。
米消費者信頼感指数が2009年4月以来の低水準に落ち込み、安全な逃避先とみなされる通貨への需要が高まった。
米連邦準備制度理事会(FRB)がこの日公表した連邦公開市場委員会(FOMC、8月9日開催)の議事録によると、少数のメンバーは一段と積極的な措置を支持する考えを示した。
ユーロは対ドルで下落。
欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁が29日に、同中銀がユーロ圏のインフレリスクを見直していると明らかにしたことが引き続き売り材料となった。
ECBは来週政策協議を予定している。

モーニングサテライト為替情報です。

JPモルガン・チェース銀行 佐々木融さん
ドル円予想レンジ:76.00-76.90
注目ポイント:米国経済指標と金利動向

☆昨日のドル円の動き☆
昨日は3つポイントがあった。
1つ目はエバンズシカゴ連銀総裁の更なる緩和が好ましいとの発言、2つ目は、予想を下回った米国消費者信頼感指数、3つ目は、具体的に踏み込んだ追加緩和策を協議していたことを明らかにしたFOMC議事要旨。
これらが、徐々に米国金利を低下させ、その結果、ドル円もじりじりと上値が切り下がる展開となった。

☆注目ポイント☆
注目されていたバーナンキ議長のジャクソンホールでの講演では、具体的な緩和策について言及はなかったが、何らかの形で追加緩和が行われる可能性について、市場の期待は高まっている。
昨年のジャクソンホールでバーナンキ議長は、非伝統的な手段を通じた追加金融緩和実施の用意があることを示唆して、約2ヶ月後にQE2を実施した。
ジャクソンホールとQE2導入までの2ヶ月間に、金利が大きく低下し、ドル円は85円台から80円台まで下落している。
こうした観点から、本日もADP全米雇用報告、シカゴPMI、製造業受注の米国経済指標が予想を下回り金利が低下するようだと、ドル円もじりじりと上値を切り下げていくことになると予想される。
週末の雇用統計も弱い数字になると、一段と金利を下げて、ドルの上値を更に重くすると思う。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

今後の為替相場見通し!バーナンキ議長講演後の為替相場!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(8月29日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要通貨の大半に対して下落。
米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が、米経済成長を悲観していないとの認識を示したことを受けて高リスク資産への需要が増し、株式相場が上昇したことが手掛かり。
スイス・フランはユーロに対して大きく下落。
スイスの銀行UBSが、顧客の現金取引決済口座へのフラン流入阻止を目的に、同口座の超過残高に対して時限的に手数料を徴収する可能性があると発表したことが材料。
主要6通貨に対するドル指数は、バーナンキ議長が景気浮揚に向けた新たな措置を示唆しなかったことに反応して一時上昇する場面もあった。

モーニングサテライト為替情報です。

クレディ・アグリコル銀行 斎藤裕司さん
ドル円予想レンジ:76.30-77.30
注目ポイント:ジャクソンホール後の米国経済指標

☆海外市場☆
一部で期待されていた量的緩和第3段についての言及はなかったが、9月のFOMCの日程を2日間に延長すると発言し、追加の金融緩和に含みを持たせたため、結局ドルが売られ、76.60円前後で引けている。

☆今日の東京市場☆
FOMCの開催日程を延長すると表明したことは、追加金融緩和も状況次第ではあり得るというメッセージを市場に送ることで、失望感を与えないようにした議長の思惑が講演内容から伺える。
したがって、次回FOMCまでの株価動向や米国経済指標が今後の金融政策を決定するうえで、更に重要度が増したと考えられる。
木曜日にISM製造業景気指数、金曜日に米国雇用統計があるので、そこに注目される1週間になる。

☆民主党の代表選挙☆
過去の例から言うと、日本の政局では為替は反応しないが、前回の民主党代表戦では、政治空白を突かれて円高が進行し、その直後に介入をした実績があるので、注意が必要だと思う。
来週9月6日から日銀金融政策決定会合がある。
日本と同じく自国通貨高に悩むスイス国立銀行が、大胆な緩和策でスイスフラン高にブレーキをかけている状況では、日銀にも更なる金融緩和を期待している。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

今後の為替相場見通し!FRBバーナンキ議長講演に注目!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(8月26日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場ではユーロがドルに対して続落。
欧州各国の当局がソブリン債危機の悪化阻止に向けた取り組みとして、株式の空売り禁止を延長したことが材料視された。
円は主要通貨の大半に対して値下がり。
米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が追加緩和を示唆するとの期待は裏切られるとの観測から、米国債への安全需要が高まった。バーナンキ議長はあす26日にワイオミング州ジャクソンホールで講演する。
メキシコ・ペソは対ドルで値上がり。
原油相場の上昇に反応した。

モーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJ信託銀行NY 湊基成さん
ドル円予想レンジ:76.80-77.80
注目ポイント:FRBバーナンキ議長講演

☆注目ポイント☆
東京時間23時開始のFRB議長の講演に注目が集まる。
今回の講演では市場の一部で期待されている追加的な金融緩和QE3に関する具体的な発言は行われず、結果として景況感は悪化し、為替市場ではドル安円高が進むとみている。
去年のQE2導入時と物価動向が異なり、FRBが政策運営で注視する物価の安定について、長期的に目標とするインフレ率は2%とされているが、2010年4月以降、前年比での消費者物価指数の上昇率は、1%を下回る水準だった。
今回はQE2の影響を受けた、物価上昇との指摘もあるが、去年10月を底に反転、上昇し、直近の7月精査では、1.8%まで回復しているので、インフレ期待を高める政策の導入には慎重にならざるを得ないと考える。
QE3への言及が行われないことで、市場はFRBが積極的な景気刺激策を導入できないとの見方を強め、景気後退リスクの高まりを一段と警戒し、円買いドル売りが進行するものと考えている。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

今後の為替相場見通し!ユーロが対ドルで下落、株価もみ合いで-円も値下がり!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(8月23日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ユーロが主要通貨の大半に対して下落。
一時は上昇していたが、下げに転じた。
株式相場がもみ合う展開となり、高利回り資産への需要が後退した。
円は対ドルで戦後最高値付近から値下がり。
野田佳彦財務相の円高けん制発言が影響した。
米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が26日のジャクソンホールでの会合で追加の景気刺激措置について示唆するとの見方が広がる中、ドルはこの日一時下げていた。

モーニングサテライト為替情報です。

シティバンク銀行 尾河眞樹さん
ドル円予想レンジ:76.30-77.30
注目ポイント:介入の可能性も

☆注目ポイント☆
すでに一度75円台をつけているので、76円台で介入が実施される可能性は低いと見ているが、ただ75円台に再び入れば、介入する可能性はあると見ている。
欧米の不安による円高のトレンドを反転させるのは難しいが、直近ではやや投機的な円高という側面も見られるので、この傾向に歯止めをかけるのは可能だと思っている。
シカゴのIMM通貨先物市場における投機筋の円ポジションを見てみると、8月4日に円売り介入が行われたにも関わらず、また円の買い越し額が増加しつつある。
これを見る限り、海外の投機筋にとって、日本の単独介入に対する恐怖感はやや薄れている感じがする。
したがって、ある程度サプライズを与える方法、例えば、協調介入までは行かなくても、欧米の当局から介入を容認するコメントが出たり、あるいは数日間連続して介入が行われるなどすれば、少し円独歩高の雰囲気も変わってくるかもしれない。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

今後の為替相場見通し!ユーロは総じて安い、独仏首脳がユーロ共同債を否定!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(8月17日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ユーロが主要取引通貨の大半に対して下げた。
独仏首脳会談で、債務危機を阻止するためのユーロ共同債の発行が否定されたことが背景。
フランスとドイツはユーロ防衛のため「意欲的な」共同提言に着手しているとのサルコジ仏大統領の発言を受け、ユーロは一時下げ渋った。
スイス・フランはドルとユーロに対する上げ幅を失った。
7月の米鉱工業生産指数が前月から上昇したことを受け、フランの安全資産としての投資妙味が薄れた。
英ポンドは対ドルで上昇。
英国のインフレが加速したことが背景。

モーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券 塩入稔さん
ドル円予想レンジ:76.40-77.10
注目ポイント:市場の期待感

☆海外市場☆
ドイツ、フランス首脳による欧州での金融取引税導入の示唆があったが、これに対する為替市場の反応は限定的で、円、ユーロともにせまいレンジ内での動きとなっている。

☆注目ポイント☆
これだけ米国の経済指標が冴えないことと、株式市場も大揺れしているので、米国だけでなく、世界に動揺が広がっている。
来週のバーナンキFRB議長の講演を控えて、QE3実施のヒントなどが示唆されるのではないかとの期待感が確かに強まっている。
ただ、米国の物価水準が高いので、QE3の障害と言われているので、17日に発表される生産者物価指数などが予想比下振れすれば、期待感がより高まってくるのでは。
微妙な局面に差し掛かっているのではないかとみている。
QE3は期待感先行の感が強く、ドルの3ヶ月LIBORは月初から高止まりしたままで、市場の不透明感、信用リスクへの警戒感は続いていると見られる。
景気減速懸念にもかかわらず、LIBORが高止まりしているのは、ドル資金確保需要が非常に高く、市場が有事に備えている表れとみている。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

今後の為替相場見通し!フランが大幅安、追加措置観測で-円は対ユーロで下落!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(8月16日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、スイス・フランが対ユーロで大幅安。
3営業日での下げとしては1999年のユーロ誕生以来の大幅な下落となった。
スイス当局が最近のスイス・フラン上昇に対し追加措置を講じるとの観測が広がったことが背景にある。
スイス・フランは対ドルで4営業日連続安。
スイス政府とスイス国立銀行(中央銀行)は、フランの一段高を阻止するため為替目標設定の可能性について「活発な協議」を行っているとの同国紙ゾンタークスツァイトゥングの報道が材料となった。
円はユーロに対して過去1週間で最大の下げ。
日本の通貨当局が、外為市場で再度介入を実施する準備があると示唆したことが手掛かり。

モーニングサテライト為替情報です。

シティバンク銀行
ドル円予想レンジ:76.30-77.30
注目ポイント:米国追加緩和

☆注目ポイント☆
米国FRBの追加緩和に対する期待が高まっており、講演でバーナンキ議長が去年のように何らかの追加緩和を示唆するような発言があるのではないかと、マーケットでは注目度が高い。
追加の量的緩和となった場合は、ドル安円高を注意しないといけない。
日米マネタリーベース比率を見てみると、日銀よりFRBの方が緩和を進めているので、ドル安円高が進んでいる。
更にQE3ということで、緩和が入ると、ドル安円高となるが、ただQE2の評価として、株は上がったが、原油が上がるというマイナス面もあった。
追加の量を増やすのではなく、購入している債券の年限を延ばすなど、時間軸を更に評価するような流れになるのでは。
ドル安の更なる加速はないのではないかとみているが、緩和が長期化するのは見えているので、ドルは上がりにくいのでは。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

今後の為替相場見通し!スイスフランの動きに注目!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(8月15日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では円が週間ベースでユーロに対して1カ月ぶりの大幅高を記録。
経済統計の内容が予想よりも悪く、欧州の債務危機が成長を押し下げているとの懸念が強まり、高リスク資産志向が減退した。
ドルは対ユーロでの下げを埋めた。
朝方発表された米国の消費者マインド指数は1980年以来で最低だった。
スイス・フランはユーロに対して続落。
9日には最高値を更新する場面もあった。
この日発表された経済統計によると、欧州の鉱工業生産が減少し、ギリシャの経済成長率はマイナスとなり、フランスの経済成長も伸び悩んだ。
カナダ・ドルは下落した。

モーニングサテライト為替情報です。

クレディ・アグリコル銀行 斎藤祐司さん
ドル円予想レンジ:76.30-77.30
注目ポイント:スイス国立銀行の為替政策

☆注目ポイント☆
これまでスイスフランは欧州財政問題や世界の景気後退懸念などを背景に、円とともにリスク回避の通貨として選好され高値更新が続いていた。
先週スイス国立銀行副総裁が、スイスフラン上昇を抑制させるために、ユーロと一時連動させる可能性について言及した。
ユーロとドルがスイスフランに対して急上昇する場面が見られた。
ドル円とユーロ/スイスの動きは、かなり相関が高い。
スイスフランがユーロに連動することが検討されているとすれば、市場は無視することはできない。
今までスイスフランに対して売られてきたユーロ、ドルの上昇が予想される。
という意味では、ドル円、ユーロ円のサポート要因となるなるが、市場ではリスク回避の動きが強まった場合には、円に対して投機的に資金が集中する可能性があり、結果的には円買い圧力が高まることが予想される。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

今後の為替相場見通し!円上昇、FOMC後も根強い成長懸念-戦後最高値うかがう!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(8月11日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では円が上昇。
対ドルで戦後最高値をうかがう展開だった。
米連邦公開市場委員会(FOMC)が前日の声明で2013年半ばまで過去最低の政策金利を維持すると明示したものの、投資家は景気浮揚を確信するに至っていない。
ユーロは対ドルで下げを拡大。
仏銀を中心に欧州株が下落。
前日の株高は持続できないとの見方が広がった。
スイス・フランは対円と対ドルで下落。
スイス中銀が通貨高の抑制措置を一段と拡大すると表明したのが手掛かりとなった。
この日のドルは主要通貨の大半に対して上昇した。

モーニングサテライト為替情報です。

野村証券 野村雄之輔 三
ドル円予想レンジ:76.25-77.25
注目ポイント:スイスフラン円と介入の効果

☆今日の東京市場☆
ドル円については、材料不足の中、小動きな展開を予想している。
ただ、ユーロの問題がフランスに飛び火するなど、市場の悲観的ムードが強いので、どちらかというとじりじと円高が続くと予想している。

☆注目ポイント☆
世界的に株価が急落し、為替市場では円高が進んでいる。
ただ日本では8月4日の為替介入があったおかげで、その後も市場では介入警戒感が何とか持続しており、そのおかげで円高の圧力を何とかしのいでいる状況。
そのあたりが、スイスフラン円相場から透けて見える。
スイスフランは円とともに、リスク回避的なお金の受け皿になりやすい通貨と考えている。
どちらにも同じようにお金が入っていれば、スイスフラン円相場は安定したトレンドを描く傾向がある。
ただ、日本の介入を契機にリスク回避的なマネーが円への流入をあきらめて、スイスフランに集中的に流れ込んだと考えている。
スイスフラン円はトレンドから7%程度ほど円安方向に乖離しており、これは日本の介入効果と見ている。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

今後の為替相場見通し!ドル下落、FOMCは13年半ばまでの金利据え置き明示!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(8月10日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ドルが対スイス・フランと対円で下落。
米連邦準備制度理事会(FRB)は、連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に声明を発表し、少なくとも2013年半ばまで政策金利を過去最低で維持する方針を表明した。
ドルは対ユーロで下落。
FOMCは声明で、「6月の前回会合以降に入手した情報から、今年に入ってからの経済成長はこれまでのところ、委員会が予想していたより著しく緩慢であることが示唆された」と指摘した。
景気の弱まりに加えて、格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の米格下げで、前日は世界的に株価が急落した。

モーニングサテライト為替情報です。

JPモルガン・チェース銀行 佐々木融さん
ドル円予想レンジ:76.30-77.50
注目ポイント:クロス円の動向

☆海外市場☆
FOMCの声明で、少なくとも2013年半ばまで、異例の低水準の政策金利が正当化されると示されたことを受けて、米国10年債利回りが一時2.03%まで急落し、ドルが全面的に売られ、ドル円も一時76.70円まで下落している。

☆クロス円の動向☆
ここ数年続いているドル円の下落傾向は、昨日のようにドルが全面的に弱いことが背景にある。
7月以降のドル円の下落は、円が強くなっていることも影響している。
昨日は米国株価は反発しているが、欧米の財政問題を背景に、市場参加者の不安感は高まり、世界の株価はこのところ大きく下落している。
このように市場の不安感が強まっている時には、円が買い戻されることになるので、豪ドル円やブラジル・レアル円相場のようなクロス円が下落しやすくなる。
NYダウと豪ドル円、ブラジル・レアル円相場の相関を見てみると、株価が更に下落するようだと、豪ドルのような高金利通貨に対して、円高が進みやすくなる。

☆ドル円相場への影響☆
ドル円相場は、ドル安主導で下げる時は、比較的緩やかだが、円高主導で下げるときは、比較的スピードが速くなる傾向がある。
今後も世界の株価の下落基調が続き、円が対豪ドル、ブラジル・レアル等で強くなる局面では、ドル円の下落も早くなる可能性がある。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

今後の為替相場見通し!円高進行、米国FOMCに注目!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(6月30日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、円とスイス・フランが主要通貨全てに対して上昇。
フランはドルとユーロに対して過去最高値を更新した。
スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)による米国債格下げとユーロ圏の債務危機を背景に、円とフランへの逃避需要が膨らんだ。
米国債は格下げを受けたが、株式が下げたため、国債への逃避需要が高まった。
これを材料にドルは豪ドルに対して4カ月ぶり高値を付け、対ユーロでも上げた。
米2年債利回りは過去最低を記録した。
カナダ・ドルは米ドルに対し、4カ月ぶり安値に下げた。
カナダ最大の輸出品である原油の急落が売りを誘った。

モーニングサテライト為替情報です。

シティバンク銀行 尾河眞樹さん
ドル円予想レンジ:77.00-78.50
注目ポイント:米国FOMC

☆海外市場☆
欧米の株安が止まらないので、リスク回避の円買い、スイス買いが強まっている。

☆ドルはなかなか上がらない☆
協調介入も含めた介入警戒感からドル円は、急激には下落しにくくはなっている。
そういう意味では、一連の政策効果はあったといえる。
ただ、逆に言えば介入以降、80円台が非常に重いことを確認したような格好でドル円が反落してしまったので、追加で介入が入らなければ、目先80円を超えるのはかなり難しくなってしまったようにみえる。
先週介入し始めた77円付近から上は80円手前までのレンジが続きそう。

☆注目ポイント☆
米国コア個人消費支出デフレータをみてみると、QE2の時と比べてデフレリスクは後退しており、本日追加緩和を決める可能性は低いと思う。
ただ声明文の文言で、当面緩和解除はないという趣旨の表現をするとか、債権の償還金の再投資を続ける期間を示すなど、時間的効果を強めるかもしれない。
これによる実態の経済効果は乏しいが、緩和がさらに長期化するとの見方が強まればドルは上昇しにくくなる。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »