« 今後の為替相場見通し!円高進行、米国FOMCに注目! | トップページ | 今後の為替相場見通し!円上昇、FOMC後も根強い成長懸念-戦後最高値うかがう! »

2011年8月10日 (水)

今後の為替相場見通し!ドル下落、FOMCは13年半ばまでの金利据え置き明示!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(8月10日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ドルが対スイス・フランと対円で下落。
米連邦準備制度理事会(FRB)は、連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に声明を発表し、少なくとも2013年半ばまで政策金利を過去最低で維持する方針を表明した。
ドルは対ユーロで下落。
FOMCは声明で、「6月の前回会合以降に入手した情報から、今年に入ってからの経済成長はこれまでのところ、委員会が予想していたより著しく緩慢であることが示唆された」と指摘した。
景気の弱まりに加えて、格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の米格下げで、前日は世界的に株価が急落した。

モーニングサテライト為替情報です。

JPモルガン・チェース銀行 佐々木融さん
ドル円予想レンジ:76.30-77.50
注目ポイント:クロス円の動向

☆海外市場☆
FOMCの声明で、少なくとも2013年半ばまで、異例の低水準の政策金利が正当化されると示されたことを受けて、米国10年債利回りが一時2.03%まで急落し、ドルが全面的に売られ、ドル円も一時76.70円まで下落している。

☆クロス円の動向☆
ここ数年続いているドル円の下落傾向は、昨日のようにドルが全面的に弱いことが背景にある。
7月以降のドル円の下落は、円が強くなっていることも影響している。
昨日は米国株価は反発しているが、欧米の財政問題を背景に、市場参加者の不安感は高まり、世界の株価はこのところ大きく下落している。
このように市場の不安感が強まっている時には、円が買い戻されることになるので、豪ドル円やブラジル・レアル円相場のようなクロス円が下落しやすくなる。
NYダウと豪ドル円、ブラジル・レアル円相場の相関を見てみると、株価が更に下落するようだと、豪ドルのような高金利通貨に対して、円高が進みやすくなる。

☆ドル円相場への影響☆
ドル円相場は、ドル安主導で下げる時は、比較的緩やかだが、円高主導で下げるときは、比較的スピードが速くなる傾向がある。
今後も世界の株価の下落基調が続き、円が対豪ドル、ブラジル・レアル等で強くなる局面では、ドル円の下落も早くなる可能性がある。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

|

« 今後の為替相場見通し!円高進行、米国FOMCに注目! | トップページ | 今後の為替相場見通し!円上昇、FOMC後も根強い成長懸念-戦後最高値うかがう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125707/41151960

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の為替相場見通し!ドル下落、FOMCは13年半ばまでの金利据え置き明示!:

« 今後の為替相場見通し!円高進行、米国FOMCに注目! | トップページ | 今後の為替相場見通し!円上昇、FOMC後も根強い成長懸念-戦後最高値うかがう! »