« 今後の為替相場見通し!ユーロが主要通貨に対して上昇、ギリシャ問題解決に期待感! | トップページ | 今後の為替相場見通し!FOMCバーナンキ議長が量的緩和第3弾を示唆せず »

2011年6月22日 (水)

今後の為替相場見通し!ユーロ上昇、ギリシャの内閣信任案可決見通し受けた株高で!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(6月22日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
ニューヨーク外国為替市場では、ユーロが対ドルと対円で上昇。
ギリシャのパパンドレウ内閣の信任案が議会で可決されるとの観測を背景に、同国が支援融資を受けられるとの期待が広がった。
ドルは主要16通貨すべてに対して下落。
株式・商品相場の上昇や米連邦公開市場委員会(FOMC)の開始も材料視された。
ギリシャはデフォルト(債務不履行)を回避できるとの見方から、投資家はユーロに買いを入れた。

モーニングサテライト為替情報です。

三井住友銀行 高木晴久さん
ドル円予想レンジ:79.70-80.50
注目ポイント:FOMC

☆今日の東京市場☆
まもなく発表されるギリシャの新内閣が予想どおり信任されるようであれば、ドル円は引き続き方向感が出にくく、小動きに推移するのでは。
万が一不信任となれば、市場に対するインパクトが非常に大きく、為替市場では、ユーロが対ドルで大きく下落するとみている。

☆FOMC☆
特に注目したい点は、2011年の成長率見通し。
景気減速感が高まる中で、NY連銀製造業景気指数やフィラデルフィア連銀景気指数が大きく下落するなど、ISM製造業景気指数の50割れも意識される中で、前回中央レンジを3.1%から3.3%を往復していた2011年の成長率見通しを、どの程度下方修正してくるのか、また足元の経済指標の鈍化が一時的な要因だとの認識に変化があるのかといった点に注目している。
2011年成長率見通しは、マーケットの目線はすでに2%台後半程度まで下がっていると思うが、潜在成長率均衡である2%台半ばなど、大幅に下方修正されるようであれば、株式市場は売り材料と考えられる。
低金利継続の時間軸も伸びると考えられるので、ドル円についてはドル安円高要因になるとみている。

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

|

« 今後の為替相場見通し!ユーロが主要通貨に対して上昇、ギリシャ問題解決に期待感! | トップページ | 今後の為替相場見通し!FOMCバーナンキ議長が量的緩和第3弾を示唆せず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125707/40496504

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の為替相場見通し!ユーロ上昇、ギリシャの内閣信任案可決見通し受けた株高で!:

« 今後の為替相場見通し!ユーロが主要通貨に対して上昇、ギリシャ問題解決に期待感! | トップページ | 今後の為替相場見通し!FOMCバーナンキ議長が量的緩和第3弾を示唆せず »