« 今後の為替相場見通し!オーストラリアドル、ニュージーランドドル高進行! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロ、ポンド上昇も円売りは長続きせず! »

2010年3月 9日 (火)

今後の為替相場見通し!ユーロ上昇限定的、日米金融政策の違いに注目!

マネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

☆あなたもこれで為替の動きが読める!今日の朝イチFX為替情報(3月9日)

****************************

FX無料CD「投資で失敗しない7つの法則」を
まだ手に入れられていない方はこちら♪

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

http://123direct.info/tracking/af/209190/UvATTuER/

FX投資で損をしないための7つの秘密!

****************************

おはようございます。

ブルームバーグ等からの為替情報です。

☆海外市場☆
8日のニューヨーク外国為替市場では、ユーロがドルに対して若干上昇した。
サルコジ仏大統領が7日、必要な場合はギリシャに対する支援策があると発言したことを受け、ギリシャの財政危機をめぐる懸念が和らいだ。
ただ、ギリシャのパパンドレウ首相が8日、同国の危機が悪化した場合は新たな世界的金融混乱を招く恐れがあると警告したことを背景に、ユーロの上昇は限定的だった。

モーニングサテライト為替情報です。

シティバンク銀行 尾河眞樹さん
ドル円予想レンジ:89.70-90.70
注目ポイント:テクニカル要因

☆海外市場☆
特に目立った材料もなく、小動きだった。

☆テクニカル要因☆
先週はユーロやポンドに振り回されてドル円が下落する場面があったが、全体としては88円から92円といった90円を挟んだレンジ相場だった。
テクニカル上の三角もちあいを形成しており、上限と下限だいたい88円から92円となっている。
短期的にはこの上限と、年初来2回超えられなかった200日移動平均線が重なる92円あたりが、一旦の戻りのめどとなりそう。
日米のイベントは今週末から来週に集中しているので、今は様子見で動きが乏しくなっている。
金曜日に米国小売売上高、ミシガン消費者信頼感指数、来週は16日にFOMC、17日に日銀金融政策決定会合がある。
ここで日米の市場金利がどう反応するかに注目したい。
最近日銀の追加緩和期待や、米国の雇用改善を受けて、日米の2年債の利回り格差が開いてきている。
これまでもドル円の相関関係が非常に高いので、日米の政策の違いに注目があつまると、来週はドル高円安の方向に推移するかもしれない。

☆今日の主な経済指標発表☆
09:01(英)2月英小売連合(BRC)小売売上高調査(前年同月比) 前回-0.7%

3月15日までお休みさせていただきます。

ネーまぐまぐにも紹介されました!

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

****************************

株式実践DVDプレゼント中!

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

http://123direct.info/tracking/af/209190/22AePbQt-i9MHjRKj/

****************************

無料投資DVD12本セットを手に入れるための
詳細情報はこちら

http://123direct.info/tracking/af/209190/ikI64Gjh/

 ↑  ↑  ↑  ↑

72,000円相当の投資DVDを無料プレゼント中!

*****************************

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング 相互リンクとランキングプラス

人気blogランキングへ

FXするならクリック証券 外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ

|

« 今後の為替相場見通し!オーストラリアドル、ニュージーランドドル高進行! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロ、ポンド上昇も円売りは長続きせず! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125707/33693833

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の為替相場見通し!ユーロ上昇限定的、日米金融政策の違いに注目!:

« 今後の為替相場見通し!オーストラリアドル、ニュージーランドドル高進行! | トップページ | 今後の為替相場見通し!ユーロ、ポンド上昇も円売りは長続きせず! »