« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月30日 (金)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月30日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJ信託銀行 井上英明さん
本日の予想レンジ  117.00-118.50
相場展開  もみあい
ポイント  円キャリートレードの行方

☆為替相場の地合い☆
米国金融政策が景気、インフレ両睨みとなっており、明確な方向性が出にくい状況。
一方3月に入ってからの為替変動の主役はユーロ円等のクロス円となっており、日中の値幅で見ても、ドル円が3円70銭であるところ、ユーロ円は7円以上動いている。
今週に入ってからも、週初から利益確定の円買いが急速に進む一方、昨日は円売りに転じるなど、さらに変動が激しくなっている。

☆今日の東京市場☆
今日は朝方消費者物価指数が注目される、予想では前年比マイナスとなっているが金融政策については、4月に日銀がまとめる景気物価の展望レポートを見極めたいことから、相場への影響は限定的と考えている。
本日は投信設定を含め、期末需給によって値幅は結構でるものの、最終的にはもみあいに転じると見ている。

☆来週の注目☆
日銀短観、週末の雇用統計といった日米重要指標に加え、新年度入りに伴う本邦機関投資家の外債投資、あわせてキャリートレードといった需給面にも注目していきたい。

☆キャリートレードを取り巻く環境☆
しばらく神経質な展開になると見ている。
昨年以降世界経済は景気が程よく拡大する中で、インフレが安定するといった、いわゆるゴルディーロックスの状況が続き、各市場では価格の安定とボラティリティの低下がかなり進行してきた。
為替市場ではキャリートレードを行う絶好の環境であったことから、かなり腰をすえたポジション構築がなされてきたと思っている。
足元で進む米国景気減速懸念そしてインフレへの警戒の同時進行により、価格変動リスクが高まっているので、キャリートレードがなかなか維持しにくい環境になっている。
住宅の変動性や絶対金利差から円安基調に変化はないと見ているが、当面は米国景気の底打ち、インフレの安定が確認されるまでは、投機筋のキャリートレードは逃げ足が速く、相場の変動要因になるのでは。

****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

ゴールドラッシュプログラム

| | コメント (0)

2007年3月29日 (木)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月29日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱東京UFJ銀行NY 相田鉄弥さん
本日の予想レンジ  116.20-117.20
相場展開  ドル上値の重い展開
ポイント  米景気先行き不透明感

☆NY時間☆
本日発表された米国2月耐久財受注が市場予想を下回る結果となったことから、ドル売りは進み117円を割り込んで下落した。
その後注目されていたバーナンキFRB議長の議会証言で、米国住宅市場の不透明感が指摘されたことなどから、ドル売りが強まると一時116円台半ばまで下落した。

☆今日の東京市場☆
年度末を控えて日本企業による本国への資金還流、いわゆるレパトリエーションによるドル売り円買いや、ユーロ円を中心としたクロス円でのポジション調整による円買いもあり、上値の重い展開が続くと考えている。
ただし、ドルの下落局面では、日本の実需筋を中心としたドルの押し目買い意欲も強く、東京市場ではドルの下値も限定的になると見ている。

☆今後の短期的な見込み☆
バーナンキFRB議長の議会証言を経た米国景気先行き不透明感を材料にしばらくはドル上値の重い展開が続くと見ている。
今週末の日本消費者物価指数や来週初めの日銀短観で、日本の景況感が大きく改善するようだとさらにドル売り円買いが強まる可能性もある。
ドル円については、日米の金利差を背景とした円キャリートレードによる円売り圧力も強いことから、115円を大きく割り込んで円高が進む可能性は低いと考えている。

****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

ゴールドラッシュプログラム

| | コメント (0)

2007年3月27日 (火)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月27日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

フィスコNY 片山善博さん
本日の予想レンジ  117.00-118.50
相場展開  戻り一服、下値を探る
ポイント  上値に多数の抵抗水準

☆NY時間☆

先週発表された好調な住宅指標を受けて、堅調な結果が期待されていた2月の新築住宅販売件数が、約7年ぶりの低水準に大幅減少したことがドル売りにつながった。

この指標を受けて、朝方80銭近く下落し、その後緩やかに戻したが、朝方の水準には回復できていない。

☆今日の東京市場☆

ドルの上値は重いと思う。

最近のドル買戻しの材料となっていた住宅市場の改善期待が本日後退したことで、ドル買いは今後手控えられると予想される。

一方円は、日本の決算期末に向けたレパトリ、本国に利益を返す動きを受けた買いが週末にかけて続くため、相場の流れはこれからドル安円高になると見ている。

また、ドル円の上値に多数の抵抗水準が控えており、主な抵抗水準としては、本日のNY時間に突破できなかった118.50、3月1日高値118.86がある。

この水準では戻り売りが強まり、上値は限られるのでは。

☆今後の注目☆

今週は日米ともに重要な経済指標の発表が多数控えているが、その中でも米国2月耐久財受注(28日水曜発表)に注目している。

前回の低調な耐久財受注は、先月27日世界連鎖株安の初日に米国株式下落に拍車をかけて、ドル売り材料になった経緯があるので、この指標を受けた相場の動きに注目している。

****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

ゴールドラッシュプログラム

| | コメント (0)

2007年3月26日 (月)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月26日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

大和証券SMBC 今泉光雄さん
本日の予想レンジ  117.60-118.30
相場展開  もみあい
ポイント  期末の需要

☆今週の動き☆

今週も引き続き狭い範囲での乱高下を予想しているが、今週は日本人にとって決算期末になるので、実需企業の動向が中心に動くのでは。

先週のFOMC直後のドル円の動きが今のマーケットの需給を表しているのでは。

FOMC声明で利上げに言及しなかったことで、利上げ観測後退であるにも関らず、ドルが底堅く推移しており、ドル円については、買い遅れ感が否めない。

☆今週の注目☆

今日は日本サイドでは、日銀金融政策決定会合の議事録の公表があるが、材料にならない。

米国サイドでは、みんな住宅を気にしているので、新築住宅販売件数を巡り、米国時間帯右往左往するかもしれない。

今年の流行語大賞に選ばれそうなくらいみんな過剰に反応しているサブプライムローンの話も、ピークを過ぎた感じがすので、方向を決める決定打にはならないのでは。

☆今日の東京市場☆

月曜ということもあり、東京時間は変な動きがなければ、118円をはさんだ動きになるのでは。

****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

ゴールドラッシュプログラム

| | コメント (0)

2007年3月23日 (金)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月23日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJ証券 塩入稔さん
本日の予想レンジ  117.60-118.40
相場展開  もみあい
ポイント  米国経済の見極め

☆ドル円118円台☆

特に材料はなかったが、米国住宅ローン金融専門会社の信用不安問題の広がり、まだら模様の米国経済、昨日FOMCでの金融引き締め等の弱まりなど、米国経済の見方が弱気に傾いていたものが、多少修正されドルが戻った。

円については、株価が世界的に堅調で、根強い金利差を求める動きから、欧州通貨に比べてドル安の度合いが弱く、多くの通貨に対する円安の進行と従来良く見られたパターンが見られている。

☆円安傾向は強まってくるか?☆

円売り需要の強さは感じるが、FOMCで金融引き締めに関する表現が弱まったことは重要で、株式市場も現在の戻り歩調が順風で続くとみるのは早計なのでは。

米国金利が低下すると金利差は縮小し、景気減速懸念による金利低下は必ずしも株の支援材料ばかりではないので、米国指標、株式動向をもう少し見極めなればいけない。

ドル円はしばらく116円台から118円台でのもみあいが続くと見ているが、先行きのリスクとしては、円高のリスクがあるのではないかと考えている。

今日米国の中古住宅販売件数の指標が出てくるが、この指標だけで大きく動くことはないが、米国経済に対する市場の見方がどのように傾いていくかという過程の一つとしては注目の材料。

****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

ゴールドラッシュプログラム

| | コメント (0)

2007年3月22日 (木)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月22日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

中央三井信託銀行 北倉克憲さん
本日の予想レンジ  117.00-118.00
相場展開  ドル安・円安
ポイント  クロス円動向

☆FOMC☆
予想どおり政策金利については0で、住宅市場については、安定から調整が続いている。
インフレ警戒は続行しているが、金融政策的には忠実に進み始めた。

☆今日の東京市場☆
FOMC以降のNY市場の動きを受けて、株式市場はポジティブ、ドルにはネガティブといった動きになるのでは。

☆今後の展開☆
サブプライムローンの問題、世界的な株安、これに続いたリスク回避の動きと、非常にアップダウンの激しい展開が続いた。
いつ落ち着きを取り戻すかがポイントで、先週末の中国利上げ後の今週初の動きが限定的であったことや、今日のFOMCの海外市場のリアクションを見ると、懸念は大分薄らいだのでは。
FOMCの声明からはドルは非常に買いづらいということで、ドル以外の通貨で円安の傾向がでてくるのでは。

****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

| | コメント (0)

2007年3月20日 (火)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月20日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

みずほコーポレート銀行NY 五味川昌さん
本日の予想レンジ  116.70-118.20
相場展開  117円台後半の攻防
ポイント  円キャリートレードの行方

☆NY市場☆

アジア市場、ロンドン市場での円安を引き継ぎ、NY市場でも円安が進行している。

理由としては、株式市場が落ち着きを取り戻していることから円キャリートレードが散見される。

米系ファンドの円ロングポジションの手仕舞いが出ていた。

☆今日の東京市場☆

日本の輸入企業がコンスタントにドル買いを入れていると聞いているが、輸出企業や機関投資家の円買い需要がどのレベルで出てくるのかにかかっている。

現状では118円ちょうど近辺に円買い需要が控えているといわれているので、上値は118円ちょうど近辺での攻防になるのでは。

最近のマーケットは変動が激しいので、意外な値幅が出る可能性がある。

☆今後の注目☆

週半ばに発表されるFOMCの声明文も重要だが、なんといっても円キャリートレードの行方が注目だろう。

シカゴの通過先物市場を見る限りでは、適正レベル水準まで調整がされたとの見方もあるが、仮に株式市場が軟調に推移するともう一段キャリートレードの調整が出る可能性もある。

予断を許さないという状況。

3月後半になると年度末特有の需給の影響も出てくるので、一時的な円高になる可能性は十分ある。

****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

| | コメント (0)

2007年3月19日 (月)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月19日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱東京UFJ銀行 高見和行さん
本日の予想レンジ  116.00-117.00
相場展開  ドル軟調地合い
ポイント  株価とクロス円の動向

☆今週の動き☆

これまで株価が調整するとリスク回避の動きからキャリートレードの巻き戻しが起こるとの連想からクロス円が売られるという動きが続いてきた。

先週後半からクロス円主導より、単なるドル安に変わりつつある。

今回の乱高下の局面でキャリートレードの中で短期のポジション調整はかなり進んだと思われるので、クロス円の上下は収まりつつあるのでは。

☆今週の注目☆

材料は日米とも金融政策決定会合、FOMCが注目点になる。

両国とも据え置きが予想されており、そんなに大きな材料にならないのでは。

値動きは一旦壊れた後の相場なので、落ち着きを取り戻すには若干時間がかかるのでは。

☆今日の東京市場☆

特に材料もないので、116円台を中心としたもみ合い、ドルの上値は引き続きをも重いとみている。

****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

| | コメント (0)

2007年3月16日 (金)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月16日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

RBS銀行 平山裕康さん
本日の予想レンジ  117.00-118.00
相場展開  もみあい
ポイント  株価動向

☆今日の東京市場☆

海外で比較的落ち着いた動きだったことから、連日見られた一部投機筋のクロス円のフローが出てきて、かく乱される局面もあると思うが、基本的には上下トライした後で、テクニカルでも動きづらいゾーンに入ってきているので、値幅も限定的になるのでは。

☆今後の見通し☆

昨日株式も多少落ち着いたが、グリーンスパンも忠告したようにサブプライム問題は今後火種としてくすぶると思われるし、株式市場中心に一喜一憂することになると思われるので、不安定な動きが続くのでは。

株が戻した時には、ドル円も戻ってきており、相関性も今のところ見られる。

金融市場全体的にボラティリティが上がってきており、調達金利の低い日本やスイスが利上げしたのは、今後じわじわ効いてきて、キャリートレードの優位性が薄れ、去年のようなすぐ簡単円安に反映する展開にはなりにくいのでは。

むしろ今後は金利というより景気動向や資金のフローの変化が市場を支配していくのでは。

****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

★★★スターアセット証券の「くりっく365」★★★

外出先でデイトレード!

http://infostore.jp/dp.do?af=yumi1225jp&ip=SUCCESSBOND&pd=07

| | コメント (0)

2007年3月15日 (木)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月15日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

住友信託銀行NY 村上幸太さん
本日の予想レンジ  115.60-117.20
相場展開  ドル弱含み
ポイント  ポンドの動き

☆NY時間☆

欧州時間は引け後のドル売りに対して買い戻しが入っていたが、本日NYで発表された予想以下の経常収支でも昨日のドルの高値を抜けなかったので、株の下落とともに再びドル売りの展開となっている。

本日は昨日と違って対円というよりは、円以外の他通貨に対して売られている。

☆本日の東京市場☆

引き続きドル安の展開を予想している。

ポンドがやや持ち直し、クロス円が全般的に強含んでいることから、ドル円は大きく下落しないのでは。

☆ドル強気になりきれない原因☆

年末から住宅市場及び米国経済底打ちの見通しが強まり、ドルは2月くらいまでは比較的堅調に推移していたが、サブプライムローンの問題が出てきて、住宅市場底打ちへの希望がともった。

経済指標に関しても、一時期ほど堅調さが失われているので、リスクリダクションによる株式の売却、円キャリートレードの解消につながっている。

また日本の期末に近づいてきていることも、これらの動きに拍車をかけているのでは。
ただ3月半ばに差し掛かっているので、期末対策も一段落する時期なので、2005年からのトレンドラインである114円程度までの円高は予定しているが、一旦は落ち着きを取り戻す時期では。

その後は、やや過剰反応の感はあるが、低所得者層向けのサブプライムローンの滞納が確実に上がってきているので、簡単には解消しない見込みと、これらの景気への悪影響からドルの上値が重いことに変わらないことから、
その後ドルは徐々に売られていくのでは。

****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月14日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

BNPパリバ銀行 好川弘一さん
本日の予想レンジ  115.80-116.80
相場展開  ドル下値固め?
ポイント  クロス円

☆円堅調☆

昨日の海外市場では、くすぶり続けるサブプライムローン市場関連のニュース、予想比弱めの米国小売売上高から、アセットマーケットが債権買、株売りといったいわゆる質への逃避的な動きとなり、為替市場もこの影響を受け、
円キャリートレードの解消とリスク縮小方向の動きが優勢となった。

結果円は、対ドルではなく、幅広く買われ終日底堅い展開だった。

☆本日の東京市場☆

本日東京では、主要な経済指標の発表も予定されておらず、海外市場の流れを受けて、ドル円はドルの下値固めをする値動きを予想。

引き続き海外機関投資家からは、リスク縮小に伴う円買いが見込まれる一方、本邦機関投資家や輸入実需筋の金利差に着目したドル買いが根強いと考えられるため、115円台後半ではドルの下値も限定的になると思われる。

結果としてドルは上値は重いものの徐々に下値を固めていく展開になるものと見ている。

☆今週後半に向けて☆

後半は米国主要経済指標が目白押しとなるため、それらを見極めながらの神経質な取引になるのでは。

先週末発表のシカゴIMM先物市場の円ショートポジションの縮小からもうかがえるように、大きなポジション調整は終了しているものと考えられる。

日米金利差を背景にドルは徐々に値を戻すものと見ている。

****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

DIY保険組み立てキット

相談できる外国為替証拠金取引はワカバヤシFXアソシエイツ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月13日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

フィスコNY 平松京子さん
本日の予想レンジ  117.00-118.00
相場展開  ドル/円上値重い展開
ポイント  日米景気動向

☆円高進行?☆

本日は日本第4四半期国内総生産が3年来で最高水準に回復したことや、米国サブプライムの一つが経営破綻に陥る可能性が高まったことで、サブプライム住宅ローン市場の悪化懸念が広がり、

リスク回避の動きから、再び円キャリートレードの手仕舞いが活発化し円の買い戻しが進んでいる。

☆今日の見通し☆

米国のサブプライム住宅ローン市場問題が尾を引く可能性があり、戻り上値では米国ファンド筋などの円の買い戻しが予想される。

下値は金利差を狙った日本資本の買いに支えられるのでは。

☆今後の注目イベント☆

世界株式の下落が一服したことで、再び金利差に注目が戻り始めている。

今週は米国2月小売売上高、消費者物価指数、生産者物価指数といった経済指標の発表が予定されており、相場材料となっている。

しばらくは米国の信用度の低い借り手への融資をするサブプライム業界の健全性に対する懸念が主な焦点となり、リスク回避の動きが根強く、今までのような円独歩安の相場にはなりにくい。

****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

三貴商事FX24

三貴商事INV@STは月間出来高シェアNO.1 !!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月12日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

住友信託銀行 松本三郎さん
本日の予想レンジ  117.75-118.75
相場展開  円高調整継続
ポイント  日本株の動向

☆先週の動き☆
注目された米国2月雇用統計は、ほぼ市場の予想どおり9万7千人だったが、時間当たり賃金の伸びが高水準だったこと、前月1月の雇用指数が総合修正されたこと等が好感され、ドル円は118円を回復している。

☆クロス円の状況☆
ポンド円が安値から7円強上昇の228円台、ユーロ円が4円強上昇の155円台と中国上海株の急落を受けた円キャリートレードの巻き戻し、円買いが落ち着きを取り戻した。
先週はニュージーランド、欧州の利上げから再び金利差を狙った円売りという見方もあったが、世界同時株安のショックの中で主要国金利を引き上げられたことは、リスクマネー中心の動きが、
市場の自立的な調整の中で発生したが、次第に落ちついた値動きに戻って行くものと見ている。

☆今週の見通し☆
週末の米国雇用統計を受けた日本株を中心としたアジア株全般の値動きが注目される。
株価が堅調な動きを見せれば、円売りが想定され、ドル円は年初高値、安値の半値戻しの水準が118円後半であり、まずこの水準を上抜けできるかがポイントになる。
週後半については、金曜日の米国消費者物価指数に注目。
FRBやコアCPIが2%を超える水準は、依然警戒的であり、市場が織り込むような年内利下げの環境が整いつつあるかどうかが注目される。

****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

即PAT

新車の無料見積ならオートバイテル・ジャパン!

手数料【¥0】07年3月末まで

| | コメント (0)

2007年3月 9日 (金)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月9日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三井住友銀行 鈴木祥之さん
本日の予想レンジ  116.50-117.50
相場展開  戻り売り
ポイント  米国雇用統計

☆今週の動き☆

115円台から日本の実需のドル買いが出ていたので、一方方向の円高は止まった。

昨年の2倍、3倍の額が東京市場で取引されており、ポンド円などでも海外勢から東京時間にまとまったフローが入ったりして、乱高下している。

☆米国雇用統計待ち☆

先週来続いていた円高ドル安もちょうど落ち着いたタイミングなので、今後は米国のファンダメンタルズを見極めたいという市場参加者が多そう。

今夜の雇用統計が非常に重要だと考えている。

もともと少し上目の数字が予想されているが、実際に弱い数字がでるとドル安のきっかけになる可能性がある。

☆今後の見通し☆

2005年の年初の101円台から円安トレンドが始まっているが、それもかなり終盤にきていると見ている。

もしかすると直近の高値122円台が、今年の高値になるかもしれないという目で見ている。

日本が再びデフレスパイラルに陥る可能性はないと思っているので、今の0.5%の政策金利はまだ引き上げる余地があると思う。

日本では自国の通貨安を望むムードがあるが、極端な円安になり海外投資家に安く日本企業が買収されるのしゃくなので、円安もほどほどが良いのでは。

****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

外国為替取引のレバレッジが自由に選べる取引とは?

| | コメント (0)

2007年3月 8日 (木)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月8日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱東京UFJ銀行 相田鉄弥さん
本日の予想レンジ  116.00-116.80
相場展開  レンジ内でもみ合い
ポイント  日本の株価動向

☆NY市場☆

昨日はレンジ内での値動きが続いたが、米国の民間雇用サービス会社が発表した2月民間部門の就業者数が予想を下回ったことから、ドル円は一時下値を試す展開となったが、116円台前半でサポートされた形となった。

その後ユーロ円がポジション調整の動きに153円台へと上昇を見せたことから、ドル円も116円台半ばへと値を戻したが、ドルは上値の重い展開が続いた。

☆本日の東京市場☆

レンジ内でのもみ合いを予想している。

先週から続いた大きな円買いの流れが一服した後は、ドル円は116円台を中心にドル買いと売りの動きが拮抗している。

米国株式市場が落ち着きを見せ始めていること受けて、日本の株式市場にも落ち着きが戻れば、海外時間には欧州、英国の政策金利の発表も控えているので、クロス円を中心に方向感を探る展開が続くのでは。

☆今後の見通し☆

米国景気動向に注目が集まると見ている。

今週末には米国雇用統計が控えており、こうした経済指標を受けて、米国景気先行きに対する悲観的な見方が強まるようだと、ドル円は下値を試しに行く展開が考えられる。
その場合は115円割れの可能性もある。

主要国の株式市場がこのまま落ち着きを取り戻せば、円キャリートレードが活発化する可能性が高く、ドルの下値では期末を控えて日本の実需筋のドル買い意欲も根強いことからドル円の下値は限定的だと見ている。

****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

コマーシャル・アールイー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月7日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

バークレイズ銀行 梅本徹さん
本日の予想レンジ  116.20-117.20
相場展開  円安
ポイント  磐田副総裁講演

☆ドル下げ止まり☆

70%くらいの確率で株安、円高という調整局面は終了して、ドル円では115円が底で、すでに底をうって上昇トレンドに入ろうとしていると見ている。

今回の株の調整、円キャリーのアンワインドは、世界景気に対する後退懸念が背景だと思うが、これまではインフレ懸念で調整が起きたのに、世界景気の後退懸念で起きた。

景気は楽観的に見ているので、市場の懸念はあまり根拠のあるものではなかったと思っている。

調整幅は、貿易加重平均で見ると、最近の最大の調整である去年の4-6月の数値にほぼ並んできている。

円の短期金融市場は、2月利上げ後、2月末くらいからふらふらしていたが、一昨日頃から安定してきて、円キャリーの動きが復活してきて、それで株も戻ってきた。

☆今後の注目☆

今週の米国雇用統計に注目。予想は10万人だがもっと強いと見ている。

10万ないしもう少し強ければ、景気の後退懸念も完璧に終わって、金利差に注目した円安傾向、日本の構造的な資金流出に伴う円安傾向が戻ってくるのでは。

季節要因として、輸入業者のドル買いなどもあり、非常に上がりやすいので、120円台回復も決して無理ではないと見ている。

****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

今日の為替相場は

こたえる。かなえる。かざか証券!

| | コメント (0)

2007年3月 6日 (火)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月6日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

フィスコNY 片山善博さん
本日の予想レンジ  115.00-116.80
相場展開  ドル下値堅く、強含む
ポイント  115円下値になるか

☆NY市場☆

ドル円のレンジが115円を割り込まずに、一時116.24までロンドン市場の安値から1円近く上昇して、午後はアジア市場を意識した。

本日IMS非製造業指数が発表され、結果は大幅に下回る弱いものだったが、経済指標の結果よりも需給に左右される状況であまり反応しなかった。

☆本日の東京市場☆

現在のドル買戻しが続くか、円キャリートレードが手控えられるかに焦点が当たっている。
ドルは堅調推移が続くとみており、117円台を試す展開を予想している。

理由は、

①NY市場で115円どころの底堅さが確認されたこと、

②メキシコペソ、南アフリカランドなど高金利通貨に対する円買いに一巡感が見られており、円キャリートレード解消に落ち着きが見られたこと。

☆今後の焦点☆

円キャリートレードは市場のテーマとして健在だが、ここで反転した場合は、再び経済指標に焦点が集まるのでは。

最近の経済指標は、景気減速を示す内容が目立っており、今週末の雇用統計への関心が高まっている。

現在株安の影響もあり、年内の利下げ観測も強まっており、雇用統計が意外に好調な結果となった場合、これがドル買戻しの加速するきっかけになると見ている。

****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月5日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJ信託銀行 神保雄彦さん
本日の予想レンジ  116.20-117.20
相場展開  ドルの戻り売り継続
ポイント  世界の株式動向

☆今週の見通し☆

先週は円キャリートレードの巻き戻しが出て、円が高金利通貨に対して大きく買い戻された。

中国に端を発した世界同時株安により、リスクリダクションの動きが高まったことで、市場に積み上がっている円のショートポジションをクローズする動きが加速した。

今週の注目は、世界的な株安基調が続くのかどうかになる。

引き続き調整が続くようだと、もう一段の円高が進む可能性もある。

☆その他の注目☆

先週グリーンスパン前FRB議長が、米国の景気見通しについて、今年後半のリセッションに言及してドル金利の低下につながった。

現在米国景気指数は、強弱ミックスとなっているが、住宅部門は依然として弱さが目立っている。

そんな中今週は、水曜の米国地区連銀経済報告、金曜の米国雇用統計が注目材料。

本日は、ポールソン米財務長官が来日し、尾身財務相と会談する予定、市場動向や米経済にどのような見解を示すかに注目。

☆今日の東京市場☆

一端本邦輸入勢、機関投資家から円売りが出やすいものと見ている。

117円台にはドル戻り売りオーダーが出始めており、上値は引き続き重く、円買戻しの地合いは続きそう。

アジア時間は、日経平均やアジア株の動向に注目、下落が継続するようだと、今週ドル円は12月の安値である114.50レベルを試す可能性も出てくると見ている。

p>****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月2日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJ信託銀行 井上英明さん
本日の予想レンジ  117.20-118.20
相場展開  もみあい
ポイント  日本消費者物価指数

☆ドル安円高の流れ☆
世界同時株安により投資家のリスク許容度が低下する中で、リスクマネーの質への逃避の流れが続いている。
欧米市場ではドル円は一時116円台をつけたが、その後発表されたIMS製造業景況感指数が事前予想を上回ったことを受けて、いったん買い戻しに転じている。

☆今日の東京市場☆
実需を中心に円を売る動きが強まることが予想されること、テクニカル面では、200日線など複数のドルサポートが117.40近辺に集中していることから、相場の安定のきっかけを探りながら、もみあう展開になりそう。
材料面では、国内消費者物価指数の結果が注目される。
福井総裁の発言から次回利上げについては、当面予想しがたい状況に加え、予想の中心が前年比コアでプラスマイナス0まで低下してくることから、基本的には円売り材料と考えられるが、現状の地合いでは影響は限定的では。

☆今後の見通し☆
2月以降米国の経済指標が軒並み悪化を示したことで、市場金利が利下げを催促している状況。
FF金利先物のイールドカーブが2月の頭と比べて、大きく下方にシフトしている、現状で年末までに0.5%程度の利下げが織り込まれている。
一方バーナンキFRB議長は、今週の株価下落を受けても、景気、流動性、市場機能に楽観的な見通しを示しており、FRBはインフレ警戒姿勢を堅持すると見られている。
こういったことから、市場との見方にギャップが続きそう。
年末からの寒波の影響による一時的な減速という見方や、市場金利の低下を通じて経済は金融緩和と同様の効果をすでに得ていること考えると、利下げの必要性は現状では乏しい。
行き過ぎた景気悲観論がまた剥落していく過程でドルも自立反発すると見ている。

p>****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

☆朝イチ!FX為替情報☆3月1日☆

メルマガはこちら!ブログに書けない内容も・・

本日のモーニングサテライト為替情報です。

フィスコNY 平松京子さん
本日の予想レンジ  117.80-118.80
相場展開  ドル上値の重い展開
ポイント  中国株式動向

☆NY市場☆
朝方発表された第4四半期GDP改定値が下方修正され、1月新築住宅販売件数が1994年1月以来の最低水準となったことで、朝方ドルが売り込まれた。
中国株式市場の回復や、バーナンキFRB議長が、昨日の下げは対中要因でなく米国経済見通しに関して変更はないとの発言を好感し、米国株式市場も反発し、債権利回りも下げ止まったことで、ドルは反発した。

☆今日の東京市場☆
引き続き中国株式市場をにらんだ展開が予想される。
117円台では、日本の個人投資家や資本の金利差を狙った押し目買いが予想される一方で、上値119円台からは米国ファンド筋などの円キャリートレードを軽減する動きが見られて、上値も重い動きが予想される。

☆今後の見通し☆
しばらくは株式市場動向から目が離せない展開となるだろう。
来週に予定されている日米財務省会談では、為替が議題になる可能性もあることから、戻りではリスク回避の円キャリートレードの手仕舞いが予想される。
日本の会計年度末にむけた企業のレパトリや、米国銀行による日本の証券会社に対する資本支援になどに円買い需要が増加することから、更なる円高も考えられる。

****************************

私はこの方のセミナーに通いトレード手法を確立しました。
今なら私が投下したセミナー代金72000円がなんと無料になる方法があります。
興味のある方は下記リンクをご覧ください。
↓    ↓     ↓
http://blog.livedoor.jp/dt172088/?blog_id=2065914

お役に立ちましたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング
投資ブログランキング

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »