« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月29日 (水)

11月29日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱東京UFJ銀行 高見和行さん
本日の予想レンジ  115.70-116.30
相場展開  もみ合い
ポイント  クロス円の動向

今日の東京市場
・基本的には、東京時間では大きな動きはなく、引き続きもみ合いの展開が続くのでは。
・昨日クロス円の前面高だったが、材料としては、耐久財受注、消費者信頼感指数が非常に弱かった中、中古住宅は意外に強かった。
・ユーロが全面的に買われた中、ドル円が下げ渋って、結果ユーロ円が高値更新ということになった。

ポイント
・昨日ユーロ財務大臣会合の後に、ユーロ高円安牽制発言がでるのかという警戒感が強かったが、現状のユーロ高を追認する発言が多かった。
・結果、ユーロ円、ユーロドルと高値更新した。
・クロス円高の背景は、全面的にドル安が進む中、ドル円は需給に支えられて下げ渋っている、結果としてクロス円が上昇している。
・去年は12月にクロス円が激しい下落したが、今年は特にクロス円にフォーカスされている訳でもないので、引き続きしっかりするものと考えている。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

11月28日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱東京UFJ銀行銀行 相田鉄弥さん
本日の予想レンジ  115.70-116.40
相場展開  ドル円上値重い
ポイント  米国経済指標

NY市場
・米国で経済指標の発表がなかったこともあり、ドル円は116円台前半を中心としたポジション調整の動きに終止した。
・ほぼ一本調子で下がってきたドルだが、欧州時間にユーロ圏からドル安に対する警戒が必要とのコメントがでたこともあり、更なるドル売りには次の材料待ちという状況。
・先週からユーロの上昇圧力が強く、ユーロ円が市場最高値を更新する動きを見せており、この動きもドル円の下落に歯止めをかけた形になった。

今日の東京市場
・ドル円の115円台では、日本の投資家や輸入企業によるドル買い意欲も根強く、東京市場のドル円は底堅い値動きになると見ている。
・しかし、ドルの上値では、月末決算にからんんだ輸出筋のドル売りも予想されることから、先週から続く大きなドル売りの流れに大きな変化はないと思う。

今後の相場展開
・今回のドル売りは米国景気先行き懸念が高まったことをきっかけに、ポジション調整の動きが強まったものと考えている。
・今週は減速が懸念されている米国の住宅関連の指標をはじめとして、米国経済指標の発表が数多く控えている。
・今後のドルは米国経済指標に一喜一憂する展開になると考えられるが、米国先行きに対するセンチメントが大きく改善するまでは、ドル売り方向に反応しやすい相場が続くと考えている。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

11月27日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJ信託銀行 神保雄彦さん
本日の予想レンジ  115.10-116.10
相場展開  円安調整局面継続
ポイント  日銀総裁の講演

今日の東京市場
・サポートラインである金曜の安値を抜け、節目とされる115.50円を割り込むとなると、円キャリートレードのクローズが加速し、114円レベルまでドル安が進行する可能性があるとみている。
・本日は福井日銀総裁の講演が予定されており、12月の金融政策決定会合での利上げの有無を見極める上で重要なイベントと考えている。
・講演内容に利上げを示唆する内容が含まれるとなると、更に円が買い進まれる可能性が高まりそう。

今後の注目ポイント
・本日は米国のサンクスギビングデイ連休明けとなるが、先週の金曜を通称ブラックフライデーと呼んでいる。
・これはサンクスギビングデイ当日の売上により年間収支が黒字化する小売業者が多いから。
・米国経済の先行きを読むうえで、本日小売各社から発表される売上速報は注目といえる。
・今週は米国の住宅関連指数、ベージュブックでは各地区連銀総裁の景気の見方に注目したい。
・ドル円はレンジ相場範囲内の動きながら、目先はもう一段のドル安円高を想定している。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

11月21日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

みずほコーポーレート銀行NY 有我建彦さん
本日の予想レンジ  117.60-118.60
相場展開  レンジ内でもみ合い
ポイント  クロス円の動き

今日の東京市場
・今週は米国の感謝祭休日もあり、市場参加者は極めて限定的であることに加えて、本日は重要な経済指標も少ないことから、狭いレンジ内でもみ合いが続くと見ている。

今後の見通し
・円金利が今後も大きく上昇しないという見通しを背景に、低金利である円を調達通貨として高金利通貨を買うキャリートレードの再構築が進んでいる。
・相場を大きく動かす材料に乏しい時にはこうしたキャリートレードがでやすいが、シカゴ先物市場のポジションを見ると、相当量のポジションが積み上がっている。
・高値警戒感は拭えないが、ボーナスシーズンを前にもう少し円キャリートレードが続くと見ている。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ 

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

11月13日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱東京UFJ銀行 高見和行さん
本日の予想レンジ  117.20-117.80
相場展開  ドル安値圏もみ合い
ポイント  国内経済指標

今後の展開
ドルについては、引き続き上値の重い展開が続くと思われる。円については、円安傾向に弱冠変化の兆しが見られる可能性もある。
先週は外貨準備の分散、円キャリートレードの巻き戻しが材料視されるなど、これまでの金利差主導のマーケットから変化の兆しが出てきている。
こういった材料を中心にドル安が進めば、これまで出遅れていた円も買われることになるのでは。

今週の材料
日本ではGDP、金融政策決定会合、米国では、小売売上、物価指標など材料豊富な状況。
特に日本サイドで早期利上げをサポートするような内容が続くようであれば、ドル円も116円台もありうるのでは。

今日の東京市場
基本的には、東京時間では大きな動きはなく、117円の半ばを中心にしたもみ合いが続くのでは。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

11月10日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

バークレイズ銀行 梅本徹さん
本日の予想レンジ  117.50-118.50
相場展開  もみ合い
ポイント  機械受注
ユーロ円
・史上最高値を更新したが、ここ数日間クロス円が強かった影響もあり、福井総裁が利上げについて「早く」という言葉を初めて使っており、日本の利上げがどうしても視野に入ってくる。
・本日は機械受注の発表があるが、この統計はブレが大きいので、強い数字が出てくると、利上げ近しという円買いが入ってくる可能性がある。
・ユーロ円はここからあまり上がらず、ドル売りの動きがドル円に反映され、ユーロ円は止まって、ドル円が落ちていくと見ている。

今後の流れ
・保護主義、利上げの動き、日本の景気があまり強くなければ、お金が外に出て行かずむしろ円買いになると見ている。
・ここから3ヶ月で115円を展望している。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

11月9日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

フィスコNY 片山善博さん
本日の予想レンジ  117.20-118.30
相場展開  円高の流れ
ポイント  中間選挙後もドル底堅い

米国中間選挙
民主党が下院で勝利したとのニュースを受けて、いったんドル安が強まったが、その後ドルが買い戻されている。
要因は、下院選の結果が予想通りだったことから、ドルショートカバーが強まったこと。民主党の勝利で軍事費削減による財政改善。新しい議会への期待などがある。
バージニア州をを残した上院選の最終結果待ち状態にあったことから手控えムード強かったことと、ラムズフェルド国防長官の辞任が伝えられ、ブッシュ政権の政策転換など先行き不透明感が強まったことで、ドルの上値は限られた。

本日の東京市場
118円の価格節目、118.10円前後にある上値抵抗線が重いことが確認されたことから、軟調に推移するのでは。
日本の利上げ時期が近いとの観測があることと、欧州要人を中心に円の価値は割安だと指摘するむきが増えており、当面円高の流れが続くと見ている。

今後の注目
9日発表の米国9月貿易赤字に注目。原油価格の下落で、過去最大となった8月から縮小することが予想されているが、中国の貿易黒字が拡大していることから、高水準は維持するのでは。
予想以上に赤字が拡大した場合、先に発表された7-9月のGDPが速報値から下方修正される可能性があり、ドル売り材料になる。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

11月8日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJ信託銀行 井上英明さん
本日の予想レンジ  117.20-118.20
相場展開  ユーロ円の円安
ポイント  米国中間選挙結果

今日の東京市場
・米国中間選挙結果が東京時間に出始めるので、市場がどのように消化していくのかに注目。
・共和党が上・下院で過半数を失っても共和党の劣勢はすでに織り込まれているので、影響は限定的と考えている。

今後のテーマ
・市場の予想変動率が歴史的に低い水準にあることが、相場を読む鍵とみている。高金利通貨に資金をシフトし、キャリーを稼ぐ投資方針が鮮明となって、円安傾向を後押ししそう。
・チャートみるとここ半年で豪ドル円に、明確な円安トレンドがでており、特に9月以降本邦の個人マネーも豪ドル建ての債権投資を活発化させており、上昇に拍車をかけている。
・目下注目通貨はユーロ円で、度重なる当局の円安牽制発言にも底堅く推移しており、チャート上では9月以降ペナント型の三角持ち合いを形成している。
・ペナントの上限である150円の壁を抜けると豪ドル円を追いかける形で、いっそうの円安が進行しそう。
・こういった動きが続けば、年末にかけて米国景気に対する信任の回復とともにドル円にも円安の流れが波及してくるのでは。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

11月6日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

マネーアンドマネー 荻野金男さん
本日の予想レンジ  117.50-118.50
相場展開  もみ合い
ポイント  米国中間選挙

今後の展開
・今週は金曜に機械受注の発表があり、日銀の年内の利上げか据え置きかのヒントがでるのでは。
・明日の米国中間選挙で民主党が上院、下院両方過半数とった場合、政局の舵取りが難しくなり、いったんドルの売りもでるのでは。
・テクニカル的に116.50円は依然として、アジア、中国系のオプションの防戦買いもあり、当面116.50円が下値目途になるのでは。
・上は118.50円を抜けていけば、もう一度119円台に行く展開になるでは。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

11月1日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

大和証券SMBC 今泉光雄さん
本日の予想レンジ  116.80-117.50
相場展開  指標まではドル底堅い
ポイント  米景気の解釈の仕方

今日の見通し
市場予想中心地は12万5千プラスといっている今週末米国雇用統計の前哨戦となる10月ADP全米雇用報告、ISM製造業指数が本日発表さるので、それまでは動きづらい。
指標次第で右往左往させられるNY時間までは、つっこんだドル売りの巻き返しで、東京はもみ合いながらもドル堅調ではないか。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »