« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木)

8月31日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三井住友銀行NY 久保啓道さん
相場展開 もみ合い
ポイント 米国雇用統計

ADP雇用調査、GDP改定値ともに事前予想対比弱めの結果となり、米国債の利回りも低下したが、一方でクロス円での円売り圧力が強いことから結果的に117円台前半を中心とするもみ合いとなった。

今日の東京市場
月末ということでドルの需要もそれなりにでてくると思うが、東京市場で117円半ばを超えていくのは難しいと考えている。

今後の見通し
現在市場では、今後米国が追加利上げを行うのか、利下げに転じていくのか見方が分かれているが、足元では利上げが打ち止めとの見方が強まりつつあることから債権価格が上昇している。
足元では日本の追加利上げが見込みにくいということで、ドル円は下がりづらいと思うが、レンジを上抜けするだけの材料が揃っていないことで、もみ合いが続くと考えている

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

8月30日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

バークレイズ銀行 梅本徹さん
本日の予想レンジ 116.50-117.00
相場展開 もみ合い
ポイント 谷垣発言

ドル高円安の流れが続き、今後数週間で119円を目指すと見ている。
背景
・日本の鉱工業生産がマイナスで出てくる可能性があり、CPIに続いて日本の利上げが遠のいて円売り。
・米国の雇用統計、米国の悲観論はかなり行き過ぎた部分があるので、強い数字でそれが修正される。
・9月半ばのG7、4月のデジャブでもう一度ドル安誘導という期待が強いが、今回は何もなくドル安期待が裏切られ、ドルが買い戻される。

ポイント
ユーロ円が150円をつけるなど非常に強いが、昨日は谷垣大臣がユーロ円注視しているとの発言から、海外市場が反応して急落した。
152円まであがっていくと見ているが、財務省高官の発言次第でこういう調整につながることを注意しておいたほうがよい。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

8月29日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱東京UFJ銀行NY 大谷健太郎さん
本日の予想レンジ 116.80-117.60
相場展開 ややドルじり高か
ポイント 重要指標控え小動き

今日の東京市場
29日NY時間には前回のFOMC議事録が発表になり、先週のFRB関係者の発言はインフレを警戒したものが多く、利上げをいったん停止した会議の議事録にしては、インフレ警戒トーンが強いものになると思われる。
このため、議事録公開に向けポジション調整する動きから、ドルは全般的にじり高になりそう。
ただし、117円台半ばで輸出企業を中心としたドル売りに上昇スピードはゆっくりしたものになるのでは。

米国今週の注目材料

・FOMC議事録(29日)
・4-6月期GDP改定値(30日)
・バーナンキFRB議長講演(31、1日)
・雇用統計、ISM製造業景気指数(1日)

今週は重要指標発表を受けて、ドル円は大きく動く可能性がある。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

8月28日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱東京UFJ銀行 高見和行さん
本日の予想レンジ 116.80-117.50
相場展開 もみ合い
ポイント 117円台の攻防

先週の動き
日本の消費者物価指数が非常に弱い数値となったことが材料となり、海外勢の参入とともに日本の金利低下を受けた円売りが活発となった。
注目されたバーナンキ議長の講演では特に材料もなく終日円売り主導の動きだった。

今週の注目
円金利が為替相場で中心的な材料となることはなかったが、今回はサプライズな内容だったため、注目が高まった。
今週は火曜日にはFOMC議事録、金曜日に雇用統計と米国サイドの重要なイベントを控えており、円の材料は一時的で、再びドルの金利に注目が集まるのでは。
米国の更なる利上げを示唆するものになるのであれば、ドル主導での円の一段安になる可能性もある。

ポイント
117円台は本邦輸出企業やオプションに絡んだ売りが非常に厚い水準。この水準の売りをこなして、定着できるようであれば、ドルの一段高もあり得る。
本日はロンドン市場が休日のため、積極的に高値を追いかけていくこともないのでは。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

8月25日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

大和証券SMBC 今泉光雄さん
本日の予想レンジ 116.30-116.90
相場展開 ドル堅調
ポイント 思い込みの反動

今は米国利上げ打ち止め、年後半の利下げ、ドル安といった思い込んだ相場の反動になっているのでは。

今日の注目
NY時間にバーナンキ議長の講演が予定されている。
火曜日に元々タカ派のシカゴ連銀総裁と、元々中立派のアトランタ総裁がインフレ警戒を強める発言をしたことで、議長もタカ派的な発言をするのではないかとマーケットは警戒している。
一部では米国の利下げを催促するような相場になっているので、議長は不快に感じて、2人に言わせた見方もあるが、講演の題目は世界経済の統合といった内容なので、個別に米国金融政策に触れることはなく、また質疑応答もなく、取り越し苦労に終わるのでは。
マーケットは関係なく、タカ派だったらどうしようという気持ちがあるので、東京時間からNY時間の講演まではドルは底堅くなるとみている。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

8月24日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

フィスコNY 片山善博さん
本日の予想レンジ 115.50-116.80
相場展開 ユーロ円の下落次第
ポイント 往って来いの動き

NY市場は、2年半ぶりの低水準に落ち込んだ米国中古住宅販売件数を受けて、朝方いったん下落したが、その後債権利回りの上昇を受けてドルが買い戻され、往って来いの動きになった。

今日の東京市場
116円から上下1円幅のレンジ内にとどまるとみている。
今週初にユーロ導入後の最高値を更新したユーロ円の下落次第では軟調に推移すると予想している。
これまで上昇基調にあったユーロが、今週に入り低調なユーロ圏の経済指標などを受けて下落しており、下落余地の大きいユーロの動向がドルや円の動きを左右すると見ている。

短期的な材料
NY市場での債権利回りの動向に注目。下落傾向にあった10年債利回りが5ヶ月ぶりに4.8%台を割り込んだことをきっかけに下げ渋る動きにあり、今後利回りが上昇に転じた場合にドル円が再び117円台に乗せてくることもあるとみている。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

8月23日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJ証券 塩入稔さん
本日の予想レンジ 116.00-116.90
相場展開 煮え切らない相場
ポイント 米国中古住宅販売件数

米国景気減速や米国9月利上げがないという観測が強まっていることから、どちらかといえばドルを弱気に見ている向きが多い。
円については、世界的に見て金利の低さが要因となって、ほとんどの主要通貨に対して、弱含みになっており、ユーロ円は連日史上最高値を更新するなど高金利通貨が高く、円が弱い構図になっている。
今のはっきりしない相場環境下では、ユーロ円などクロス円相場が注目されるが、ドル円相場が動きにくいので、ユーロ対ドルの相場の動きが主な要因になるのでは。

今日の注目ポイント 
このところ住宅関連の米国経済指標は弱含みとなっており、市場予測も前月比で減少をみている。
1ユーロ1.29ドルこの水準よりユーロ高の水準は今年何度も跳ね返されているので、簡単にここを超えてユーロが上昇するとも考えにくい。
米国中古販売件数が予想以上に悪い数字がでてくると対ドルでユーロ上昇、結果的にユーロ円も上昇する展開もあるかもしれない。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月22日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

みずほコーポレート銀行NY 宇都宮稔さん
本日の予想レンジ 115.40-116.40
相場展開 もみ合い
ポイント 材料探し

ユーロ円が150円ちょうどのところにあるオプションなどから発生する損切オーダーをつけに行くような動きがみられ、前人未踏の150円手前まで1円近く上昇し、その影響でドル円は下落することなく、底堅く推移し、NY時間は116円手前まで上昇している。

今日の東京市場
ドル円単体では決め手になる材料が不足しており、どちらか一方向に大きく動く可能性は低い。
このところ力強いユーロ円などクロス円が東京市場でも買いが続くようだとドル円も底堅い展開になるのでは。

今後の展開
欧米勢が一部夏休みということと、今週は注目指標が特にないことから、動きづらい展開が予想されるが、個人的にはドルの売り場探しかと思っている。
金曜NY時間のバーナンキ議長講演には注意が必要で、秋からの金融政策に関して、将来の利上げを示唆する内容などがでてくると、マーケットにはかなりのサプライズとなり、ドルの巻き戻しなどに注意が必要。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

8月21日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三井住友銀行 鈴木祥之さん
本日の予想レンジ 115.20-116.20
相場展開 もみ合い
ポイント レンジ相場継続

本日は重要な指標の発表もなく材料難、お盆休みから戻ってくる本邦実需企業の動きに注目。
今月のFOMCで利上げを見送ったフェッドが9月にすぐに利上げを再開するとは考えにくい、今週も米国の住宅関連指標、バーナンキ議長の講演内容に一喜一憂する相場展開になるのでは。

ドル円:今年の年間変動幅
今年に入って変動幅が10円程度、円が変動相場制になって以来の最小値幅の年になる。
2000年や2004年のように米国大統領選挙の年は相場が動かないというのは有名だが、それでも年間13円以上動いている。
年末まで4ヶ月以上あり、このまま静かな相場続くというより、年末にかけていよいよ動き出すと考えていたほうが良い。

例えば、9月にはAPEC、G7を材料にした円高シナリオも考えられるし、米国の利上げ再開を材料にした円安シナリオも考えられる。
個人的には円安方向に見ているが、来月以降の相場展開には注意が必要。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

8月18日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJ信託銀行 井上英明さん
本日の予想レンジ 115.50-116.30
相場展開 もみ合い
ポイント 機関投資家動向

今週当社が実施した月次の本邦機関投資家サーベイでは、ドル弱気見通しが前月に比べ改善してきている。
年初からドル売り材料として意識されてきた米国の利上げ見送りが、今月FOMC前から織り込まれ、実際の利上げ見送りによる材料出尽くし感が今回のDIの改善とドルの買い戻しにつながったと見ている。
ただ、DIがマイナス圏であることから、積極的にドルのアセットを積み増すところまで至っていない。

今後の見通し

ポイントは米国のインフレ動向、今月FRBが利上げを見送った理由として、景気鈍化が将来のインフレを抑制するという見通しに基づいている。
このシナリオ通りになれば、長期安定成長への期待感から米国のアセットに対する投資が活発化し、利上げ打ち止め後もインフレ動向次第で新たなドル買いトレンドを形成する可能性があるとみている。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

8月17日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三井住友銀行NY 久保啓道さん
本日の予想レンジ 115.20-116.10
相場展開 レンジ下方シフト
ポイント クロス円の動向

NY時間はドル下落。序盤に発表された米7月消費者物価指数(CPI)のコアが弱含んだほか、米7月住宅着工件数および米7月鉱工業生産が予測を下回ったことを受けて、米9月利上げ観測が後退し、一時115.60円台まで下落となった。

対円でみた場合は、依然として日本の投資家は対外投資意欲も強く、クロス円も強く目先下値も限定的。
ただクロス円のポジションもかなりたまってきているのも事実、クロス円に調整が入った場合、ドル円も意外にもろくなるのでは。

今日の東京市場
ドル円も下値を試しておかしくないが、足元クロス円が堅調なので、取引レンジを確保するのでは。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

8月16日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

JPモルガンチェース銀行 佐々木融さん
本日の予想レンジ 115.50-116.50
相場展開 ドル軟調 
ポイント 米国7月消費者物価指数

昨日発表の米国7月PPI、NY連銀製造業景気指数がいずれも予想を下回り、FRBによる利上げ期待が後退したことにより、ドルがすべての主要通貨に対して売られている。
一昨日の時点で9月8日FOMCの利上げを38%織り込んでいたのが、今は27%ぐらいにまで低下している。
今日も7月のCPI等重要指標が発表されるので、引き続き利上げ期待の変化がドル円に影響を与えると考えている。

過去6年間毎年8月後半に下落しているという強い季節性があり、毎年ドルの下落のボトムは8月の末日から9月の最初5営業日に集中している。
理由は、日本の市場参加者が休暇していることがあげられ、ドル売りサイドは実需、ドル買いサイドは投資家になるが、夏休み期間中実需サイドはドルを引き続き売る必要があるが、投資家は新たなリスクをとらなくなるので、需給が歪むのでは。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

8月15日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱東京UFJ銀行NY 大谷健太郎さん
相場展開 取引参加者少なくレンジ取引
ポイント 夏季休暇で取引閑散

本日の東京市場
日本ではお盆休みをむかえて、取引参加者も少ないため、小動きになると思われる。
ユーロ円やポンド円などクロス円の買いに支えられて、116円ちょうど近辺では底堅いと思われるが、117円台では輸出企業のドル売りオーダーも多くあるため、上値重い値動きが予想される。

今週の見通し
先週FOMCという一大イベントをこなした割には、為替市場では方向感に乏しい取引が続いており、FRBの金融政策が依然として景気と物価に両にらみとなっており、追加利上げ観測が残っていることが背景にある。

今週は米国のインフレ指標として生産者物価指数、消費者物価指数、景気動向関連指標として住宅着工件数の発表がある。
これらの指標を受けて、一時的に乱高下する可能性はあるが、今後のFOMCを占う決定打にならないだろうから、現状程度の水準でのもみ合いが予想される。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

8月14日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

BNPパリバ銀行 平山裕康さん
本日の予想レンジ 115.60-116.60
相場展開 もみ合い
ポイント 米債利払い

金曜日発表の米国小売売上高が市場より良かったので、次回FOMCでの再利上げの思惑が台頭しドル高へ。

今週の注目
今週は16日発表の米国消費者物価指数が今後の金融政策を占ううえで注目。
全般的に夏休みモードで週末に加速したドル買い戻しの流れが一巡してしまえば、もみ合いの展開になるのでは。

金曜日のNY市場でドルが上昇した場合、月曜日の東京市場でさらに上値をトライする傾向があるが、今週に限って言えば、お盆休みで市場参加者も限定的で、7月定例の米国債の償還利払いに絡んだ円転フローというのも予想されるので、これから上昇余地は残っていると思われるが、一本調子でのドル円上昇は慎重な見方をしておいた方が良いのでは。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

8月11日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

中央三井信託銀行 北倉克憲さん
本日の予想レンジ 114.50-115.70
相場展開 ドルの上値重い
ポイント 日銀総裁会見

今日の注目イベント
今日の朝方発表される日本GDP速報値と金融決定会合後の日銀総裁会見に注目が集まる。
日銀総裁の発言内容によっては、円高に反応するのでは。

日米の金融政策
日銀については、ゼロ金利解除後、その後の利上げは急がないという方針を示したが、最近になって複数の委員が、年内に追加利上げはないという市場の見方は誤りとの指摘をした後であるため、日銀総裁が金融政策や景気見通しについて、どのような見解を示すかに注目。

FOMCについては、米国が政策金利据え置きを決定したが、先行きについては、打ち止め、再開と見方が分かれている状態。
インフレ、景気減速両にらみの中、やや景気減速の方に軸足が移ったのでは。
利上げの休止事実と景気減速懸念の中、ドルが一方的に買われる展開は考えづらい。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

8月10日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

住友信託銀行NY 村上幸太さん
本日の予想レンジ 114.70-115.80
相場展開 方向感なし
ポイント ユーロ円の動向

今日の東京市場
ドル円が114円を割り込むまでは、高値を更新してきているユーロ円主導で動くとみている。
円は対ユーロで弱含み、対ドルで方向感ない展開だと考えている。
昨日高値を抜けてくるとテクニカル的に116円台に行く可能性がある。

今後のマーケット
主要国の金融決定会合も明日の日本で終わるので、その後は米国のインフレ動向に注目が集まってくると考えている。
フェドはインフレが終息してくると見ているが、直近原油価格が上昇してきているので、経済指標と同時に消費価格の動向も今まで以上に重要になってくるのでは。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月9日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

FOMCは利上げ休止を発表、今後の利上げ再開の可能性については、含みを残した。

FOMC声明文の注目点
・インフレリスクが残る → 利上げ再開も
・利上げの時期と程度  → 今後の指標や経済成長次第

-----------------------------------------------------

カリヨン銀行 伊庭 剛さん
本日の予想レンジ 114.70-115.70
相場展開 ドルの底値探し
ポイント FOMC後の反応
 

FOMC発表直後は利上げを見込んでいた向きの失望売りなどから、ドル売り先行したが、実際の声明文にある程度のインフレリスクが残るとの記述があったことやリッチモンド連銀総裁が利上げを主張していたことが明らかになるにつれ、発表直後の下げの反動もあり、急激に買い戻されるなど、荒っぽい展開。

今日の東京市場
利上げ休止発表後の下げが限定的であったことや、ポンド円を中心とした堅調なクロス円相場に支えられ、ドル円は底堅い展開になるのでは。

今後の相場展開
当面の間は、過去のケースと同様、米国債権市場や株式市場が堅調さを取り戻すことに伴う、実需ベースでのドル買いが相場を下支えする可能性が高い。

ゼロ金利解除は果たしたものの、今後の先行きが不透明な日本経済の状況や絶対的な金利水準の観点からも、円が相対的に弱い状況は今後も続くとも考えられ、実需ベースでのドル買い要因ともあいまって堅調に推移するのでは。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

8月8日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

みずほコーポレート銀行NY 五味川 昌さん
本日の予想レンジ 114.70-115.50
相場展開 FOMC前のポジション調整
ポイント 米国連続利上げ終了の可能性

NY市場はドル高基調で、FOMC前のポジション調整に伴う、ドルの買い戻しがはいっている。
東京市場も昨日見られた輸入企業、機関投資家のドル買いが継続するかによるが、基本的には底堅く推移すると見ている。

FOMC
市場では、今回金利据え置きの予想が主流になっている。
2004年6月以来2年以上連続して利上げをしてきた実施してきたFRBが、休止または終了するという歴史的な一日になる。
再利上げの可能性が低いと市場が判断すれば、ドル売りも強まると予想される。

利上げという予想外の結果になると、一時的にはドル買いが予想される。
時間の経過とともに、最後の利上げと判断され、ドルは反落すると見ている。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

8月7日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱東京UFJ銀行 高見和行さん
本日の予想レンジ 114.00-114.80
相場展開 もみ合い
ポイント 日米金融政策

注目された雇用統計が、全面的に弱い内容だったことから、今週FOMCでの利上げ観測が大幅に後退し、ドルも前面安となった。

今週FOMCでドル安が進むのか
ほぼ据え置きが確実となったため、ドルは上値の重い展開が続くと考えられる。
足元のインフレが高まっている状況から、打ち止めを示唆する声明が出てくる可能性が高いとも言い切れないので、急激なドル安が進む可能性もさほど高くないのでは。

日本側の材料
週後半にGDP、日銀金融政策決定会合など重要イベントが続くが、米国の大きなイベントが終わった後のため、弱い内容となった場合は、円の売り戻しにつながる可能性もあるのでは。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

8月4日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

三菱UFJ信託銀行 神保雄彦さん
本日の予想レンジ 114.30-115.30
相場展開 雇用統計待ちで小動き
ポイント 米国経済指標

イギリスと欧州で政策金利の発表について
英国は据え置きの予想に対し、0.25%利上げを決定、欧州は予想通り0.25%利上げを決定。
ポンド、ユーロは対ドル、対円で大きく上昇。
ドル円市場は欧州につられる形で、ドルの短期金利が上昇したことで、対円でのドルは底堅く推移。

雇用統計の為替への影響
来週にFOMCを控えていることから、雇用統計は、米国の政策金利決定の判断に大きく影響するため注目。
今回のFOMCで25%の利上げを行うかは、市場の織り込み度合いは40%。
雇用統計の結果が、過去3ヶ月と同様に弱い数字となり、利上げの休止観測がさらに高まれば、ドル円はサポートされている114円を割り込む展開もありそう。

今日の東京相場
雇用統計前で小動きとなる可能性が高い。
9月に向けた米中の為替政策問題がくすぶっている。
さらに日銀による年内追加利上げ観測が一部で話題になるなど、ドルを積極的に買い難く、ドルは上値が重い展開を予想。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

8月3日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

フィスコNY 平松京子さん
本日の予想レンジ 114.00-115.00
相場展開 レンジ相場
ポイント 米国金融政策

最近相場が動きづらい背景

①日本の金利が引き続き低水準に抑えられるという憶測のもとに、 本邦資本筋の海外   投資が引き続き活発であることにからんだ円売りが強いこと。

②8月は季節的に米債償還や9月半期末に向けた本邦輸出企業のレパトリな円買いにより ドルが下落する率が高く、米系のヘッジファンドや投機筋などの売りも加えて、 売り買いしっかりで大きく動きづらい展開であること。

③中長期投資家が、米金融政策が明確化するまで取引を手控えていること。
 
 今週末の米雇用統計の発表、8月8日のFOMCを控えており、 通常FOMC直前に金利先物市場での利上げ確率は0か100%になるのが常だが、 今回は利上げ確率が40%と米金融政策に対する不透明感が強い。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

8月2日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

バークレイズ銀行 梅本徹さん
本日の予想レンジ 114.20-115.00
相場展開 もみ合い 
ポイント 日銀水野審議委員の講演

米国利上げ打ち止めでドル高を予想
1989年、95年、2000年と歴史を振り返ると利上げが終わるとドル高になっている。
理由は2つ
①フェッドが利上げをやめ、米国の景気減速により、輸入が減り、経常収支赤字が減ること。
②利上げをやめた時点で日米金利差が開いているので、米国債権があがっていくこと。
 海外投資家は米国の債権を買い始め、利上げ終了とともに米国への資金のインフローが始まる。

ワンクリックお願いします!

人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月1日本日の予測

本日のモーニングサテライト為替情報です。

住友信託銀行NY 村上幸太さん
本日の予想レンジ 114.30-115.30
相場展開 もみ合い
ポイント 今週の経済指標に注目

今週の展開
来週のFOMC利上げが行われるかに注目。
現在FFの先物指数から判断すると今回利上げの可能性は30%強まで低下してきている。
プール地区連銀総裁が8月の利上げの可能性は半々だと言っている。
利上げの可能性がなくなったわけではない。

今週は明日のインフレ指数、IS景況指数、金曜日の雇用統計など、重要な指標を控えており、これらの経済指標次第で相場上下に動く可能性が高い。

チャート的にはドル安になりかけているが、完全にドル安に転換したわけではない。
先週末発表の7月25日時点でのシカゴ為替先物市場での売り建玉は円売りに傾いていることを考えると、ドル安バイアスを見ながら、戻りを待っているといった方が安全。

ワンクリックお願いします! 人気blogランキングへ

為替をするならこちらの証券会社がオススメです!

私も使っています。↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »